画像はイメージ

写真拡大

首都圏の私鉄各社は10日、台風19号接近の影響により運行本数の削減や運転を取り止める可能性があると発表した。

大型で猛烈な台風19号は12日から13日にかけて東日本に接近・上陸するおそれがある。小田急電鉄は、12日の特急ロマンスカーの終日運転見合わせを決定。また、12日から13日午前中にかけて、運転本数の削減や運転を取り止める計画運休を行う予定としている。

東武鉄道は、日光線特急など9路線で12日から13日にかけて「列車に遅れや運休が発生する場合があります」と告知。西武鉄道は12日昼から、京王電鉄は12日中から、運転を見合わせる可能性があるとしている。都営地下鉄や東京メトロ、東急電鉄、東京モノレールの羽田空港線も同様で、不急な外出を控えるよう呼びかけている。

既にJR東日本やJR東海も計画運休の可能性があると発表。首都圏の多くの在来線や東海道新幹線の東京駅−新大阪駅間が運転取り止めの対象となっている。