画像はラグビーワールドカップ2019日本大会公式サイト スクリーンショット

写真拡大

ラグビーワールドカップの大会組織委員会は10日、台風19号接近の影響により12日に予定していた2試合の中止を決定した。日本代表のベスト8進出がかかる13日の試合は、台風通過後の状況を見て判断するとしている。

中止が決まった2試合は、愛知県の豊田スタジアムで開催のニュージーランド対イタリア戦、横浜国際総合競技場で開催のイングランド対フランス。「プール戦に予定していた試合日に開催できない場合、翌日に延期することはせず、試合中止とみなす。試合結果は引き分けと宣言され、各チームに勝ち点2ずつ付与されるが、得点記録はなしとする」という大会規則に則り、振替試合は行わないとしている。

13日には、日本代表が初のベスト8進出をかけてスコットランドと横浜国際総合競技場で対戦予定。この試合も含め13日に開催予定の4試合は、「台風通過後の安全性を調査の上、試合開催可否判断」を行うとのこと。試合を中止する場合は、原則キックオフ6時間前までに告知するとしている。