生観戦で楽しみたいBリーグ

写真拡大

開幕の第1節は各アリーナが大盛況!最高のスタートを切ったBリーグ。今回、ウォーカープラスでは、今季は全アリーナ制覇が目標のBリーグ大好きライター初野正和(シックスマン)さんに、今週末開催の全カードの見どころ&勝敗予想を聞いてみた。第1節の予想的中率はまずまずの77%!

※台風19号の影響で一部の試合開催日が変更となりました(10月10日時点)

■ レバンガ北海道 vs 島根スサノオマジック|10月11日(金)19:05/12日(土)15:05@北海きたえーる

開幕2連勝と、チームスローガンの「変わレ」を見事に体現した北海道。昨シーズンに不名誉な22連敗を記録したチームとは思えない、熱いゲームを見せてくれた。大切なのは勝ち癖をつけること。次の相手が昇格組の島根、さらに前節に続くホームゲームと、勝利の条件はそろっている。4連勝となればチームの雰囲気はさらにいい方向へ変わっていくはずだ。注目は北海道のマーキース・カミングス。対する島根は、チームディフェンスでカミングスを抑えたい。名古屋ダイヤモンドドルフィンズを苦戦させたディフェンスは、北海道にイージーな得点を許さないだろう。予想は接戦を制して北海道の2勝!

■ 横浜ビー・コルセアーズ vs 秋田ノーザンハピネッツ|10月12日(土)15:05@横浜文化体育館※10月11日(金)のゲームは中止。日程調整中

北海道に連敗を喫した横浜だが、粘り強さが備わったように思う。昨季は点差が開いた後、そのままずるずると流してしまうゲームがしばしばあった。しかし、北海道戦では最後まで諦めない姿勢を見せていた。今節では勝利という結果に結びつけたいところ。秋田は1勝1敗とまずまずの滑り出し。新加入の細谷将司が好調だ。今回は愛した古巣との対決。このシチュエーションに燃えないはずがない!予想は1勝1敗。

■ シーホース三河 vs 千葉ジェッツ|10月13日(日) 14:05@ウィングアリーナ刈谷※10月12日(土)のゲームは中止。10月14日(祝)に開催

強力なメンバーがそろう三河と昨シーズンの東地区王者・千葉が早くも激突!文句なしの第2節のビッグゲームで、前売チケットもすでに完売とのこと!カギは「オフェンスリバウンド」と見た。両チームともに第1節では、相手にオフェンスリバウンドを与えすぎた。これをどう修正してくるか見どころだ。三河はあまりタイムシェアを行わないチームで、前節の琉球戦では終盤の失速が気になった。琉球より破壊力で上回ると思われる千葉相手にどうするか、鈴木HCの采配も見逃せない。超攻撃的なチームによるビッグゲームは接戦の末、1勝1敗と予想!

■ 滋賀レイクスターズ vs 宇都宮ブレックス|10月12日(土)14:05/13日(日)13:10@YMITアリーナ

見どころは「ロースコアの展開」。開幕から2連敗となってしまった両者は、1日でも早く最初の勝利をつかみたいところ。ポイントゲッター不在に映る滋賀は、激しいディフェンスを継続できる宇都宮から80得点を上げるのは厳しそう。ロースコアの接戦に持ち込み、僅差での勝利を狙いたい。宇都宮は第1節で存在感を見せていた比江島慎の活躍に期待。地力の差で宇都宮の2勝と予想。

■ アルバルク東京 vs サンロッカーズ渋谷|※10月12日(土)・13日(日)のゲームは中止。11月24日(日)・25日(月)に開催

2連勝と絶好のスタートを切った両者。以前、A東京の竹内譲次が「アルバルクは誰が出てもアルバルク」と語ったとおり、メンバーが変わっても質が落ちない、お手本にしたくなる全員バスケを展開する。一方、SR渋谷が千葉に2連勝したのはサプライズだった。注目はSR渋谷のセバスチャン・サイズ。スペイン代表としても活躍した新加入のサイズは、第1節でブロックにリバウンドと大暴れ。ルックスも特徴的で、久々に“個”として見たくなる選手が現れた。A東京のアレックス・カークや竹内譲次との対決が楽しみだ。予想は1勝1敗。

■ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs 三遠ネオフェニックス|10月13日(日)14:05@ドルフィンズアリーナ※10月12日(土)のゲームは中止。10月14日(祝)に開催

愛知県はB1リーグ所属クラブが3つもあるバスケ大国で、もちろん「愛知ダービー」は盛り上がる!名古屋Dは連勝スタートとなったが、前節の72点、66点の勝利はやや不安が残った。もともとハイスコアゲームができるチームなので、ホーム開幕戦で本来のスタイルを取り戻せるか。三遠は富山グラウジーズに完敗と苦しいスタートとなったが、プライドを懸けた愛知ダービーでは簡単に負けられない!名古屋Dに分があると見るが予想は1勝1敗。

■ 大阪エヴェッサ vs 琉球ゴールデンキングス|10月12日(土)16:05/13日(日)15:05@おおきにアリーナ舞洲

個人的に注目のゲームで、見どころは「80得点」。今季の西地区をかき回すのは大阪と感じている。伊藤達哉の加入でゲームのテンポが速くなり、攻撃力が増した。強固なディフェンスが自慢の琉球相手にハイテンポなバスケを展開し、80得点を上げることができれば西地区の主役になれる日も近い。昨季は3勝3敗と苦手にしていない点も注目。琉球は前節で見せた粘り強さはさすが。新加入選手の活躍も目立った。西地区王者の意地を見せるか。予想は1勝1敗。

■ 京都ハンナリーズ vs 富山グラウジーズ|10月12日(土)17:05/13日(日)14:05@ハンナリーズアリーナ

ともに2連勝で臨む今節。見どころは「ペイントエリア」。京都のジュリアン・マブンガとデイヴィッド・サイモン、富山のレオ・ライオンズとジョシュア・スミス。迫力満点の外国籍選手の戦いが勝敗のカギを握りそう。前節、大活躍した富山のルーキー前田悟、スタメンに抜擢されている京都の大型PG中村太地など、フレッシュな選手の活躍にも注目したい。予想は1勝1敗。

■ 新潟アルビレックスBB vs川崎ブレイブサンダース|10月13日(日)18:05/14日(月)14:05@シティホールプラザ アオーレ長岡

新潟は前節のA東京に続き、川崎と厳しい相手が続く。強敵との連戦とはえ、開幕4連敗は避けたいところ。今シーズンも新潟の五十嵐圭は健在で、39歳という年齢を感じさせないエナジーあふれるプレーを見せてくれている。対する川崎は強豪の宇都宮を相手に連勝と波に乗っている。昨シーズン序盤は絶不調だった篠山竜青が、今季はスタートから全開!神の左手がこの試合でも炸裂するか!?接戦の末、川崎の2勝と予想。(東京ウォーカー(全国版)・初野正和)