会ってみたいな♡男がデートに誘いたくなる「LINEの送り方」

写真拡大

好きな彼に「会いたい」と思わせることができたら、とても嬉しいですよね。恋を進展させるチャンスは、女性側から積極的に掴みとっていくことをおすすめします。なかなか行動に移さない男性でも、思わずデートに誘いたくなる「LINEの送り方」を見ていきましょう。

(1)「楽しい!」と思ってもらう

『話してるようなテンポの良さとか楽しさを感じられていい!』(27歳/企画)LINEでのやり取りが楽しいと、「実際に会った時もきっと楽しいんだろうな」と想像できます。自分とのやり取りを「楽しい!」と思ってもらえる工夫をしましょう。LINEで送るメッセージは相手に楽しんでもらうための内容がメインです。自分のことばかり話すことがないように、男性が関心を持っている話題を掘り下げるようにしましょう。また、適度にノリの良いスタンプを使うことで、メッセージが楽しくなります。

(2)相手のペースで返信

『俺もすぐ返さなきゃいけないプレッシャーは嫌』(32歳/公務員)相手からメッセージが来たら「嬉しい!」と思ってついつい返信しそうになりませんか?気持ちが先走りそうになったら、頑張ってグッとこらえましょう。マメすぎる連絡や即レスは相手の負担になることも。男性側が追いかけられている感覚になると、残念ながら「会いたい」と思ってくれない可能性もあります。

(3)返信しやすい内容

『すぐ答えられるシンプルさがいいね』(27歳/商社)男性からのリアクションは、シンプルで分かりやすいLINEほど得られやすいです。長文のLINEが届くと男性は「面倒だから後ででいいや」と返信を放置してしまいがち。放置すれば気持ちも冷めてしまいます。一目見て内容が分かるLINEだと、男性も恋愛モードのまま返信をできます。自然とやり取りが「いい感じ」になり、恋愛に発展しやすいでしょう。

(4)関心を示す

『興味がある=好意があるってことだよね?』(25歳/輸入)コミュニケーションを取る時に特に重要なのは「相手への関心を持つこと」です。どうしても恋愛中は「愛されたい」という気持ちが強くなってしまいがちかもしれません。ですが、相思相愛になるまでは男性の心を開くために頑張って寄り添う必要があります。どんな趣味があって、何を大切にしていて、どんな毎日を送っているのか。こうした彼の情報をどれだけ引き出して、関心を示すことができるかによって親密度は変わっていきます。LINEでのやりとりが心地よければ、実際にデートしたいと思わせることもできます。まずは彼が楽しんでくれるコミュニケーションを目指してみましょう。(恋愛jp編集部)