久保建英や南野ら日本代表、 『ウイイレ2020』での能力がこれだ

写真拡大 (全21枚)

モンゴル、タジキスタンとのワールドカップアジア予選を控える日本代表。

リヴァプールから得点をもぎとった南野拓実らがどんなプレーを見せてくれるのか楽しみだ。

ここでは、KONAMIのサッカーゲーム最新作『eFootball ウイニングイレブン2020』で、代表選手たちの能力を見てみよう。

南野 拓実

ボールコントロール、ドリブル、スピード、瞬発力らが評価されており、ターンスキルも。ただ、最近の活躍を考えれば、総合値71は正直物足りない!今後のアップデートでの能力アップに期待しよう。

中島 翔哉

能力値80という高評価。瞬発力とボディコントロールは80代後半という数値に。テクニック系のスキルも豊富だ。

堂安 律

オランダの名門PSVにステップアップした堂安の総合値は76。ドリブル、スピード、瞬発力は80超えだ。

伊東 純也

持ち前の快足でベルギーでも暴れている伊東の総合値は74。スピード85、瞬発力88はもっとあってもいいかも?

久保 建英

弱冠18歳で日本代表デビューした久保、現在の総合値は66。ボールコントロールとドリブルは80超え。

代表でもクラブでも大暴れして、今後の能力アップに期待したい。