2本脚の犬「すみれ」逝く 何度見捨てられても人を信じた

ざっくり言うと

  • 何度も飼い主に裏切られ、事故により脚2本を切断した犬「すみれ」
  • ボランティア女性のもとで暮らすうちに、人間との信頼関係を取り戻したそう
  • しかし、雷鳴が鳴った9月11日に容体が急変し、翌月2日に息を引き取った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x