映画『ティファニーで朝食を』シネマコンサートが東京国際フォーラムで、オーケストラの生演奏と共に鑑賞

写真拡大

オードリー・ヘプバーン主演の映画『ティファニーで朝食を』のシネマコンサートが、東京・有楽町の東京国際フォーラム ホールAにて2019年10月12日(土)に開催を予定していたが、開催延期を発表。振替公演は、2020年1月13日(月・祝)に開催される。

生演奏×大スクリーンで楽しむ!映画『ティファニーで朝食を』

映画『ピンク・パンサー』シリーズの監督として知られるブレイク・エドワーズがメガホンを取り、1961年に公開された『ティファニーで朝食を』。ニューヨーク5番街を舞台に、オードリー・ヘプバーン演じる自由奔放な女性ホリーと、ジョージ・ペパード演じる自称作家のポール、互いに秘密を抱える2人の恋を描いたミステリアスなラブストーリーだ。

本イベントでは、大スクリーンでの上映に合わせて、東京フィルハーモニー交響楽団が音楽パートを生演奏。生演奏映画のセリフや効果音はそのままに、フルオーケストラによる大迫力の音楽に合わせて映画本編を楽しめる。

映画を彩る名作の数々

本作の音楽といえば、『刑事コロンボ』や『ピンク・パンサー』のテーマのほか、数多くのヘプバーン作品を手掛けた映画音楽の巨匠ヘンリー・マンシーニによる優美な調べの劇伴の数々。中でも、ヘプバーン自らが歌った劇中歌「ムーン・リバー」は世界中で大ヒットを記録し、第34回アカデミー賞で歌曲賞とドラマ・コメディ映画音楽賞を、グラミー賞では最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀編曲賞の3冠を獲得するという偉業を成し遂げている。

ちなみに、ヘプバーンがマンシーニに宛てて「音楽のない映画は燃料のない飛行機のようなもの。私たちはまだ地上で現実の世界にいます。けれども、あなたが作曲したとても美しい音楽が、私たちの映画を空に舞い上がらせてくれました」という手紙を送ったというのも有名な逸話だ。

「写真展オードリー・ヘプバーン」オフィシャルグッズを特別販売

なお当日には、本公演の会場ロビーにて、「長崎県美術館 県民ギャラリー」で開催中の「写真展オードリー・ヘプバーン」オフィシャルグッズを特別販売。美しいオードリー・ヘプバーンのグラフィックプリントを施したハンカチやポーチ、マグネットをはじめ、写真集などが展開される。

【開催概要】

【開催概要】
映画『ティファニーで朝食を』シネマ・コンサート
開催日時:2020年1月13日(月・祝) 13:30開場/14:30開演 〈振替公演〉
※2019年10月12日(土)開催を予定していたが台風の影響により、開催を延期。
※チケットは、10月12日(土)分のチケットにて振替公演にそのまま入場可能。
※チケット払い戻しも可能。払い戻し詳細は、後日公式サイトにて発表。
※チケットを紛失した場合は、再発行・払い戻し不可。
会場:東京国際フォーラム ホールA
チケット価格(税込/全席指定):S席 9,800円/A席 7,800円
※3歳未満の入場は不可。
チケット取扱:ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス、CNプレイガイド

<上映作品>
ティファニーで朝食を Breakfast at Tiffany's(1961年公開)
監督:ブレイク・エドワーズ
原作:トルーマン・カポーティ
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:オードリー・ヘプバーン/ジョージ・ペパード/パトリシア・ニール/バディ・イブセン
上演時間:2時間18分(休憩20分込)
※英語上映・日本語字幕付き
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

<アイテム例>
・角マグネット 500円+税
・ハンカチ 2,400円+税
・ポーチSサイズ 1,000円+税
・ポーチMサイズ 1,400円+税
・写真集「AUDREY HEPBURN」 2,400円+税
・ポストカードブック 1,200円+税
・一筆箋 700円+税
[写真付きで読む]映画『ティファニーで朝食を』シネマコンサートが東京国際フォーラムで、オーケストラの生演奏と共に鑑賞

外部サイト

  • 映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』シネマコンサートが有楽町で、東京フィル生演奏と共に本編上映
  • 映画『マチネの終わりに』福山雅治×石田ゆり子、平野啓一郎の小説が初映像化 - 切なくも美しい恋愛物語
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をオーケストラの生演奏と共に、東京国際フォーラムで世界初演