画像提供:マイナビニュース

写真拡大

情報流通支援サービスを行うオークネットとコンタクトセンターソリューションサービスのNTTネクシア、システムインテグレータであるNTTテクノクロスの3社は8日、横浜市への画像認識AIを実装する粗大ごみ受付チャットボットの導入を発表した。スマートフォンやPCから利用できる。

地区により異なるのゴミの分別や取り扱い。自治体の公式Webサイトで探そうにもなかなか辿り着けない場合もあるが、横浜市の公式サイトに9月2日より導入されている"粗大ごみ受付チャットボット"には画像認識AIが実装。スマホなどで撮影した粗大ゴミの写真をチャットでアップロードすると、キャラクターのミーオ君が物体を認識し、リンクでその後の対応や料金ページへと誘ってくれる。

システムは、オークションシステムなどプラットフォームの構築、運営を手がけるオークネットの子会社オークネット・アイビーエスが中古車データを活用した車両画像識別技術を活用して開発された画像認識AI用API「ソダイ」を活用。横浜市の粗大ごみ受付センターを運営するNTTネクシアとチャットシステム「Remote Attend」を導入するNTTテクノクロスの3社が連携している。