「投手を中心に高校生の指名を」スポーツライター・小関順二さんが広島東洋カープのドラフトを分析!

写真拡大

 今夜も始まりました!スポーツライター・小関順二さんと高校野球ドットコム・河嶋副編集長による12球団分析ドラフト分析。

 10月17日に控えたドラフト会議を前に、ドラフト専門記者の小関順二氏に、各球団ごとの補強ポイントと今年のドラフトでのオススメの選手を紹介していただいた。 それぞれの補強ポイントを整理すると共に、どの選手を指名するのか、球団の台所事情を踏まえて解説していく。今回は広島東洋カープ編をお届けしたい。

4位 広島東洋カープ

〈勝-敗-分〉70-70-3〈勝率〉.500〈打率〉.254〈防御率〉3.68

★将来性重視の勝ちが見込める投手

【補強ポイント】投手か野手のどちらかといえば投手。三連覇した時は揃っていたのですが、、、野村FAの問題もありますし、万全なのが大瀬良しかいない。緊急ではないにしろ、投手の面で補強は必要です。

佐々木 朗希(大船渡)投手西 純矢(創志学園)投手山瀬 慎之助(星稜)捕手藤田 健斗(中京学院大中京)捕手

 カープは即戦力というより素材をみる傾向にあります。完成度より将来性というスタンスですね。佐々木か奥川かとなると佐々木だろうと思われます。佐々木を外すと外れ一位で地元・岡山の西を指名するのではないでしょうか。もしくは競合を避け、一位で西に行くことも考えられます。

◆出演者◆ 小関 順二さん スポーツライター 河嶋 宗一   高校野球ドットコム副編集長 栗崎 祐太朗  司会