画像提供:マイナビニュース

写真拡大

HRデータラボは10月8日、ストレスの実態に関する調査結果を発表した。同調査は、同社のサービス「ストレスチェッカー」で2019年に受検した全国3万118人分のデータを基に分析したもの。

ストレスによる総合健康リスクが高い業種のランキングにおいては、運輸業が第1位となった。これに、製造業、医療・福祉が続いており、いずれも全国標準の100を超える水準となっている。

運輸業がトップとなった要因としては、Eコマース市場の拡大による宅配便取扱数の増加や人手不足を背景に、1人当たりの業務量が非常に多くなっていることが挙げられている。

ストレスの原因については、女性は男性に比べて、「仕事の質」や「家族や友人からのサポート不足」において大きなストレスを抱えていることが明らかになった。

また、女性の管理職は「仕事の質」において大きなストレスを抱えており、男性の管理職と比べて0.6ポイント、女性の非管理職と比べて0.4ポイント分ストレスが高い。これより、同社は女性活躍を推進するには、仕事の内容や進め方について、企業側のケアが必要と考えられると指摘している。