画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝デジタルソリューションズは10月8日、IT運用をトータルにサポートし、継続的なシステム改善を実現するマネージドサービス「Albacore」の提供を開始すると発表した。

「Albacore」は、ITシステムの維持・メンテナンスにとどまらず、最適化・自動化を進めながら、継続的な改善を実現する運用サービス。

サイバー・フィジカル・システム(CPS)を実現する、エッジからオンプレミス/クラウドにわたるインフラストラクチャの運用をフルレイヤーでサービス提供する。

また、契約管理などのバックエンド業務サービスやサービスデスク、アプリケーション運用まで含めた充実したオプションサービスもラインアップとしてそろえている。

ラインアップの1つであるクラウド・マネージド・サービスでは、クラウドを活用するために必要とされる企画から設計・構築、運用までをワンストップで提供する。AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、Oracle Cloudなどに対応しており、各サービスの特徴を組み合わせて、顧客のビジネス要件に合わせて最適なマルチクラウド環境を提案する。