昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を制して2歳女王となったダノンファンタジー。年が明けて、前哨戦のGIIチューリップ賞(3月2日/阪神・芝1600m)も快勝し、「クラシック最有力」と言われながら、本番のGI桜花賞(4月7日/阪神・芝1600m)は4着、GIオークス(5月19日/東京・芝2400m)が5着と、やや期待外れの結果に終わった。

 距離適性も鑑みて、4番人気とさほど支持を得られなかったオークスは度外視できるとしても、単勝2.8倍の1番人気に支持された桜花賞で、馬券圏外の4着と敗れたのは、さすがに物足りなさを感じた。そして当時、「もしかすると、この馬、本当はそれほど強くないのでは……」という声さえ聞こえてきた。

 だが、この桜花賞の敗戦には、「ちゃんと理由がある」と関西の競馬専門紙記者は言う。

 その理由とは、余りにも順調に桜花賞を迎えてしまったことだ。

 普通は、本番を前にして順調に調整が進んだとすれば、これほどありがたいことはない。ただ、この馬には、逆にそれが災いしたという。

「桜花賞トライアルのチューリップ賞は、暮れの阪神JFから約3カ月の休み明けでした。もともとこの馬はテンションが高いタイプですからね、このレースを迎えるにあたっては、少なからぬ不安が陣営にはあったと思います。

 ところが、そのチューリップ賞を余裕残しの馬体で、まったく危なげない勝利を飾りました。今思えば、これが、よくなかった。本番への視界が良好すぎたんです。そこに、油断とは言いませんが、それに近い”隙”のようなものが生まれた。

 本番では、ライバルたちはもう一段ギアを上げてきます。この馬も、本当はそれに対応するために、もっと高いところを目指さなければいけなかった。でも、トライアルが余りにもうまくいきすぎたため、そこのところに、やや抜かりがあった。

 それと、4着という結果は、勝ったグランアレグリアが一枚抜けた能力を持っていて、その馬を負かしにいったから、でもあります。負かしにいかないで、普通の競馬をしていれば、2着はあったと思います」

 専門紙記者の見立てでは、桜花賞4着はあくまでも勝ちにいったからこその結果。グランアレグリアがあれほど強い馬でなければ、ダノンファンタジーが馬券圏外に沈むことはなかった、ということだ。

 実際、そのことを示すいい機会となったのが、秋華賞トライアルのGIIローズS(9月15日/阪神・芝1800m)。夏場の休養を経て挑んだダノンファンタジーは、レコードタイムをマークして勝利した。


前哨戦のローズSを快勝したダノンファンタジー

 時計が速かったのは、馬場がよかったことに尽きる。それよりも、注目すべきは、レース内容だ。

 ダノンファンタジーは、もともとテンションが高い。ゆえに、調整が難しい。普段の調教から激しく行きたがって、なだめるのに相当苦労するそうだ。要するに、調教でも、レースでも、ゆっくり走るのが苦手なのだ。

 そんなダノンファンタジーにとって、ローズS前半の流れは、最も苦手なスローペースとなった。案の定、道中では何度も行きたがる素振りを見せた。並の馬なら、これが原因となって、勝負どころで失速したとしてもおかしくない。

 だが、ダノンファンタジーはその前半を何とか堪えて、後半で上がり33秒1の豪快な末脚を炸裂させた。結果、先行する馬たちをゴール前で計ったようにとらえて、先頭でゴール板を通過した。2着、3着馬とは同タイムで、着差はクビ、アタマ差にすぎなかったが、それはあくまでもスローな展開によるもの。

「前半、あれだけうまくいかなかったレースで、それでも、きちんと勝ち切れたのは、能力の高さを示すもの。その意味で、ローズSのダノンファンタジーは、着差以上に強かったと思います」

 専門紙記者はそう語る。

 桜花賞トライアルのチューリップ賞は、何もかもうまくいきすぎた。そのため、本番で足もとをすくわれることになった。

 だが、秋華賞トライアルのローズSは、不得手な展開になりながら、それでもその不利を克服し勝った。これが、桜花賞の時とは違って、必ずや本番で生きる。

 その本番のGI秋華賞(10月13日/京都・芝2000m)への見通しについて、専門紙記者は、こう分析する。

「課題は、やはり距離。この馬の適距離は、おそらくマイルくらいでしょうから。それでも、もともとのポテンシャルの高さで、秋華賞の2000mはこなせると思います。

 それと実は、秋華賞の次は、より距離の長いGIエリザベス女王杯(11月10日/京都・芝2200m)へ、という声が陣営から聞こえてきています。つまり陣営は、ダノンファンタジーが2000mの距離をこなすことに、”自信をつかんだ”ということでしょう。

 馬体に成長がないという意見もありますが、馬は元気いっぱい。繰り返しますが、ポテンシャルは相当なものですから、それが維持できれば、それ以上を求める必要はないと思います。

 とにかく、今度はきっと、桜花賞の負けが生きるはず。秋華賞では、勝ち負けできると思っています」 秋華賞へ向けて、再び視界は良好。だが、もはや陣営に油断はない。ダノンファンタジーが「3歳牝馬三冠」の最後の一冠を手にする可能性は、かなり高い。