ブラジル遠征の最新序列。中山とボランチを組むのは、田中碧が有力。(C)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 東京五輪に向けたU-22日本代表は10月14日まで、ブラジル遠征に臨んでいる。本日8日から現地でトレーニングを開始し、10日にはU-20サンパウロと練習試合、最終日にはU-22ブラジル代表との親善試合を行なう予定だ。

 今回のメンバーには、三好康児、中山雄太ら常連メンバーの他、夏に欧州へと移籍した食野亮太郎、菅原由勢らも選出されている。ニューフェイスが加わり、システム構成はどう変わっているのか。今メンバーの最新序列を検証する。今回はボランチ、シャドー、CF編だ。
【ボランチ】
◎中山雄太(ズウォーレ/オランダ)
◎田中 碧(川崎)
△渡辺皓太(横浜)
△田中駿汰(大阪体育大)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 所属のズウォーレでは今季リーグ戦出場2試合に留まっている中山だが、この世代のキャプテンでもあり、A代表選出歴もある。間違いなくボランチのレギュラー候補筆頭だ。その相方の一番手は田中碧。優秀選手賞3位に輝いた6月のトゥーロン国際から、9月の北中米遠征まで急速に評価を高めていて、このままメンバーに定着しそうだ。

 逆に勢いが弱まっているのが、今夏に横浜へと移籍した渡辺皓。新天地ではまだリーグ戦5試合(236分)しか出場できておらず、今季は消化不良のシーズンを過ごしている。試合勘という意味では、同じバックアッパーでも大阪体育大で主軸を務める田中駿に分があるか。もっとも万能型の田中駿は最終ラインで起用される可能性もある。
 
【シャドー】
◎三好康児(アントワープ/ベルギー)
○森島 司(広島)
○三笘 薫(筑波大)
○食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 この世代の10番を背負う三好が一歩リード。今夏に移籍したアントワープでは、デビュー戦でゴールを決めると、国内カップ戦では2得点とそのテクニックと得点力の高さを見せつけている。コンディションも良さそうで、滅多なことがなければ外れないだろう。

 もうひと枠を巡る争いは熾烈だ。2018年5月のトゥーロン国際以来の招集となる森島は、直近の神戸戦で2得点・2アシストという出色のパフォーマンスを見せている。今回の遠征でアピールしそうな人材だ。また筑波大の三笘は今年5月のトゥーロン国際決勝でブラジルに力の差を見せつけられたひとりで、今回の遠征に燃えているだろう。

 そして、このエリアの最注目は初招集の食野。今夏に籍を移したハーツで攻撃のアクセントとなっている21歳のアタッカーは、スコットランドで日に日に評価を高めている。このポジションには、他にも久保建英(マジョルカ)や安部裕葵(バルセロナ)、未招集だが堂安律(PSV)もいる。そんな熾烈なレギュラー争いに殴り込みをかけられるか。
 
【CF】
◎小川航基(水戸)
△旗手怜央(順天堂大)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 今回はこれまで主力だった鹿島の上田綺世、マリティモの前田大然が招集外。となると、磐田で燻っていたが、この夏からプレーする水戸でその高い得点感覚を思い出しつつある小川が優勢だろう。ふたりのライバルが不在のなかでアピールし、ポジションを確立させたい。

 一方これまでシャドーでの起用が多かった順天堂大の旗手は、今年のトゥーロン国際でCFを担っており、今回も最前線での起用が見込まれる。持ち前の推進力溢れるドリブルを発揮して、ライバルとの“違い”を見せたい。

文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 
ブラジル遠征に臨むメンバー23人は以下の通り

【GK】
1 大迫敬介(広島)
12 谷 晃生(G大阪)

【DF】
15 渡辺 剛(FC東京)
4 町田浩樹(鹿島)
2 立田悠悟(清水)
7 原 輝綺(鳥栖)
19 古賀太陽(柏)
17 瀬古歩夢(C大阪)

【MF】
3 中山雄太(ズヴォーレ/オランダ)
10 三好康児(アントワープ/ベルギー)
16 森島 司(広島)
14 三苫 薫(筑波大)
13 田中駿汰(大阪体育大)
11 遠藤渓太(横浜)
20 食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)
5 杉岡大暉(湘南)
8 田中 碧(川崎)
6 渡辺皓太(横浜)
16 齊藤未月(湘南)
21 橋岡大樹(浦和)
22 菅原由勢(AZ/オランダ)

【FW】
9 小川航基(水戸)
18 旗手怜央(順天堂大)