安倍晋三首相は8日の衆院本会議で、消費税を巡る今後の対応について「安定的な経済再生と財政健全化に一体的に取り組むことで、今後10年程度は消費税率を引き上げる必要がないのではないか」と述べた。