画像提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは10月7日、国内RPAソフトウェア市場のシェアを発表した。同市場(ベンダー売上額ベース)の前年比成長率は113.5%、市場規模は155億600万円となった。

2018年は前年に引き続きオンプレミス市場が市場構成の大半を占め、産業分野では金融や製造業を中心に市場が伸びたという。また、RPAの導入に関して短期的なROI(Return on Investment)を追求するケースでは、RPAの継続利用を中止する判断がなされており、RPAの利用が新たな導入/検討フェーズにシフトしたと同社は見ている。

シェアの首位はNTTデータとなり、これにUiPath、富士通、Automation Anywhere、Blue Prismが順に続いている。上位3社の合計がシェアの75.0%を占めている。

2017年と比べると、国内主要プレイヤーのNTTデータが昨年に引き続き成長を見せたことからシェアの首位を維持したという。UiPathは製品の日本語化や従業員採用など日本市場への積極的な投資を行った結果、著しい売上成長を見せたとのこと。