画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは10月3日(米国時間)、「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18995|Windows Experience Blog」において、Windows 10 Insider Preview Build 18995の変更点や新機能などを伝えた。この開発版は2020年5月にリリースが予定されているWindows 10のフィーチャーアップデートで導入される見通し。

このビルドにおいても、WSL 2 (Windows Subsystem for Linux version 2)の改善や機能追加が実施されている。WSL 2関連の主な変更点は次のとおり。

操作がCtrl-Cなどで割り込まれた場合にDrvFsマウント処理が停止していた問題を修正

大規模hvsocketメッセージの処理で発生していた問題を修正

標準入力がファイルだった場合の通信問題を修正

予期しないネットワーク状態に遭遇していた場合に発生していたサービスクラッシュを修正

現在動作しているプロセスに環境変数が設定されていない場合、通信サーバに対してディストリビューション名を問い合わせるように変更

Linuxカーネルをバージョン4.19.72へアップデート

.wslconfigファイルにカーネルコマンドラインパラメータを指定する機能を追加

○.wslconfigファイルに追加されたカーネルコマンドラインパラメータの設定サンプル

[wsl2]

kernelCommandLine = カーネルコマンドラインパラメータ

Windows 10 Insider Preview Build 18995ではセーフモードでWindows Hello PINによるサインインを行う機能なども追加されている。

このところ、MicrosoftはWindows 10 Insider PreviewでWSL 2の開発を積極的に進めている。2020年5月のフィーチャーアップデート提供までに品質向上に取り組んでいくものと見られる。