凌雲閣から見渡す紅葉の大パノラマ

写真拡大

ラベンダー畑で有名な上富良野からバスも出ている

十勝岳温泉の凌雲閣は、北海道で一番高いところ(標高1280m)にある温泉宿です。

といっても、何時間も山を登ってたどり着くといった秘境温泉ではありません。

ラベンダー畑で有名な上富良野町から十勝岳に向かって約20km。宿まで車で行くことができます。JR上富良野駅からはバスも出ています。

凌雲閣からは、西を向けば、眼下に富良野盆地を見渡せ、東には大雪山の雄大な山々がそびえています。

秋になれば、大雪山の山裾に点在する、ウラジロナナカマドの赤とダケカンバの黄色のコントラストが素晴らしい紅葉の名スポットです。

凌雲閣から見渡す紅葉の大パノラマ

▲大きい写真で見たい方はこちらをクリック▲

紅葉の奥にあるのは、十勝岳の噴火による泥流対策として建設された砂防ダムです。

その背後にそびえ立つ山は、上ホロカメトック山(1920m)です。