合宿初日の練習に参加した日本代表MF原口元気(ハノーファー)

写真拡大

 こだわるべきは「決めるか、決めないか」--。日本代表MF原口元気(ハノーファー)が慣れ親しんだ埼玉スタジアム2002で迎えるカタールW杯アジア2次予選・モンゴル戦(10日、埼玉)に向け、シンプルな意気込みを語った。

 9月に行われたアジア予選初戦・ミャンマー戦(○2-0)ではベンチ入りするも出番なし。森保ジャパンの左サイドに君臨し続けるMF中島翔哉を「彼の凄さは存分に出ている」と素直に認め、「スタメンを取れていないからもう一回そこに挑戦していく」というモチベーションで1か月ぶりの代表合宿に乗り込んできた。

 レギュラー争いにおいても、W杯出場権争いにおいても「シビアなほうが力を発揮できる」のは同じ。前回のロシアW杯に向けた戦いの中でも、当初はボランチ起用やスタメン落ちなどさまざまな立場を経験してきたが、最終予選で4試合連続ゴールを決めるなど序列を高め、本大会ではしっかりサイドハーフの主力を担った。

 だからこそ「個人として良さを出すことと、チームとしてコンビネーションを出すというスタンスは変わらない」。森保一監督はこれまで一貫して「チームコンセプトの中でそれぞれの良さを発揮する」ことに重点を置いており、原口自身も「バランス良くやるのがこのチームでは特に大事」と口を揃える。

 もっとも、ゴール前では明確なミッションを掲げる。それは「決める」こと。「(アジア予選では)実力差があるのでシュートチャンスはあるし、そこで決めるか決めないか。アジア予選では主導権を握れて、いいサッカーができるというのはある中で、前の選手が決めるか決めないかの部分だと思う。そこにこだわっていく」と力を込めた。

「いいプレーができるかどうかより、本当に決めるか決めないか。ゴール前では入るか入らないか。それ以外のプレーはいつもどおりやるけど、ゴール前ではそこだけにフォーカスしてやっていきたい」。まずはFIFAランキング183位のモンゴル戦、数々の重要なゴールを決めてきた思い出の地・埼玉で今大会初得点を狙う。

(取材・文 竹内達也)