神戸市の東須磨小学校で、教師間のいじめというとんでもない事件が発覚した。4日(2019年10月4日)、神戸市教育委員会が市役所で会見を開き、教師4人が同僚の20代教師に対し数々の暴力行為を行っていたと発表した。

その内容は「激辛カレーを食べさせる」「激辛ラーメンの汁を目に塗る」「車の上に乗ったり、車内に飲み物をこぼしたりする」「女性教師に性的な内容を含むメッセージを送るよう強要する」「コピー用紙の芯で殴る」「携帯電話にロックをかける」など耳を疑うようなものだった。

加害教師たちはいじめの相談窓口メンバーだった

加害教師は学校運営の中心となる40代女性教師1人、30代男性教師3人。いじめ対応委員会のメンバーや、いじめ問題で児童の相談を受ける立場の教師も含まれていた。しかし、40代女性教師は授業中に「(被害教師に)どっきりで激辛カレーを食べさせた、ゲーゲー吐いているのを見るのが楽しかった」と笑いながら話していたという。保護者たちからは「本当に信頼していた先生だから、子どもの精神状態が心配」「先生がこれじゃいじめはなくならない」と動揺とあきらめの声が。

いじめは昨年(2018年)から始まっていた。今年6月、事態を見かねた別の教師が教頭に相談して学校側も事態を把握したが、学校は1か月後、教育委員会に「トラブルがあったが、指導し解決」と報告しただけで、トラブルの内容については報告しなかった。教育委員会は調査をせず、その後も暴言などいじめは続いた。

その結果、被害教師は体調不良を訴え、先月(2019年9月)から休職、自宅療養に追い込まれた。そして、教師の家族が教育員会に訴えたことで初めて学校に対する調査が行われ、事態が明るみに出た。

調査の結果、休職した男性教師の他にも20代男性教師への暴言や、20代女性教師2名に対するセクハラなど、計4名の教師が被害を受けていたことも明らかになった。「ボケ」「カス」など暴言を吐く他、ポンコツの意味で「ポンちゃん」と呼ぶ行為も行われていた。加害教師たちはハラスメント行為を認め、現在は事実上の謹慎処分となっている。

教員の資質の低下で教師同士のいじめは増えている

前代未聞とも思える事件だが、教育評論家の石川幸夫さんによると、職場環境の悪化や教員の資質の低下により、教師同士のいじめは増えつつあるという。さらに教師の世界は閉鎖的で表面化しにくいという問題もある。

小倉智昭キャスター「若い教師を育てたいのであれば、他に方法があるはず」

三田寛子(女優)「お子さんたちは一体誰を信用すればいいのか」

夏野剛(実業家)「企業ではこの20年間、ハラスメントに対する防御意識がものすごく高まって、こういう行為をすぐ直していくことが常識になっている。今回は6月に発覚して今まで放置されている。教育界は遅れているのではないか。普通のいじめも、深刻化しないと対策されないというのは、システムとして機能していない」

石黒賢キャスター「学校の中核という先生がこんなことをするのか」

伊藤利尋アナウンサー「校長、教頭の責任も重い」