画像はイメージです

関連:嵐・櫻井翔、タックルでガンバレルーヤ・よしこに惨敗も絶賛のワケ


「ここまでやってくれるとは、正直思っていませんでした。日本の選手たちが“絶対に勝つ”というタフなメンタルで勝ち進んでいること自体に感動します。時代は変わりましたね」と、感慨を込めて語るのは松尾雄治氏。かつて新日鐵釜石で日本選手権を7連覇し、司令塔として日本代表を率いたラグビー界のレジェンドにそう言わしめる、日本代表の活躍ぶりはご存じの通りだ。

 ワールドカップ開幕戦となった9月20日のロシア戦に30対10で快勝。続く28日のアイルランド戦で、我が日本代表は世界中の度肝を抜いた。

「大会開幕時点での世界ランキング1位、優勝候補の一角だったアイルランドを相手に19対12で勝利したんです。翌日のスポーツ紙、全国紙はそろって1面で日本の勝利を報じ、海外メディアも“史上トップ3に入る番狂わせ”と、世界中にブレイブ・ブロッサムズの大金星を伝えました」(民放テレビ局記者)

 ブレイブ・ブロッサムズは、“勇敢な桜”の意味。左胸に輝く桜のワッペンと赤白ジャージに身を包んだラグビー日本代表の愛称だ。

 ジェイミー・ジョセフ監督は試合後に、「我々は相手よりはるかに長い期間、今回の試合に向け準備を続けてきた。無意識のうちに過去3年間、今日の試合に集中してきた」とコメント。「ジョセフ監督は16年9月の就任後、ティア1と呼ばれる超一流の強豪10か国すべてと対戦。日本代表に、このうえない経験を積ませてきた。1勝1分11敗という対戦成績をあれこれ言う輩もいましたが、見事に本大会で結果を出したわけです」(専門誌記者)

 代表を率いるキャプテンは、リーチマイケル(30)。ニュージーランドに生まれたが15歳で来日し、20歳で日本代表に選ばれ、2013年に日本に帰化。26歳で迎えた15年の前回大会でもキャプテンを務めている。

「実は前回大会後、リーチにテレビ出演依頼や取材が殺到し、燃え尽き症候群のようになった。“このままでは19年には絶対にパンクする”と、代表を辞退したんですが、その際、ジョセフ監督と激しく対立したそうです」(前同)しかし、17年6月にリーチは代表に復帰。以来、そのプレーで日本代表を支え続けている。

 1987年の第1回大会からワールドカップを取材しているスポーツライターの藤島大氏は、こう語る。「リーチはアイルランド戦直後の取材ゾーンで、まったく笑みを見せなかった。ここからの勝負の怖さを知っています」と、油断は見られない。

 15年の前回大会でも、日本は強豪の南アフリカを相手に奇跡の勝利。その試合でトライを挙げた松島幸太朗(26)は、今大会のロシア戦でも3つのトライを記録したスピードスターだ。

「4年前と比べ、瞬発力の数値がなんと90%上昇しているといいます。まだまだトライは増えそうですね」(スポーツ紙記者)

 そして、その松島以上のスピードを誇るのが、福岡堅樹(27)だ。「陸上選手を含め、20メートル走では間違いなく日本で一番速いです。瞬発力に関係する垂直跳びの数値も、福岡は世界最高レベルですね。将来は医師になると決めていて、15人制は今大会、7人制は来年の東京五輪が最後、と公言しています」(全国紙スポーツ担当記者)

 スコットランド戦、そして決勝トーナメントでも、桜戦士たちの快進撃を見せてほしい! この続きは10月7日発売の『週刊大衆』で。