職場で出会う意地悪な人との人間関係の悩みを解消する方法

写真拡大 (全2枚)

[記事提供:国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイトParties(パーティーズ)(https://parties.jp/)]

 誰にとっても働きやすい職場があれば理想的ですが、世の中は様々なストレスを抱えた人間で溢れているのも事実です。ストレスがストレスを生む悪循環、いつしかエスカレートしたものが「嫌がらせ」や「いじめ」という行動に発展していくのです。

職場に嫌がらせをしてくる意地悪な人がいる場合、されるがままになっていては何も事態に変化はありません。意地悪をするような人は何かストレスや不満を抱えていて、誰かに八つ当たりをすることで自分のストレスを解消しているのです。意地悪をする人は相手の弱点を見ながらチクチクといじめてくる傾向があるので、意地悪をする人にとっては相手が嫌がらせに反応すればするほど思うツボなのです。

あなたの職場で悪質な嫌がらせに気づいたら早急に対応できる手段を取りましょう。嫌がらせへの対策を取り入れていくことで結果的には解決に向かう可能性もあります。では、いくつかの嫌がらせ対策についてお伝えしていきます!

出社と退勤時間は守る

どうしてもの急用や止むを得ない都合がある日以外は遅刻や欠勤、早退は目立たない程度にしましょう。特別な理由や事情がないのに出勤時間がいいかげんだったり、毎回遅刻をしていると、勤務態度が良くないことを手玉にとられていじめのターゲットになりかねません。過去にあなたがギリギリで出勤していて周りにルーズな印象を与えてしまって辛い経験をしたことがあるなら、少し早めに出勤をして準備しても余るくらいにするのが、嫌がらせへの対策とリベンジになるでしょう。

挨拶は大きめに目を見て笑顔でする


社会人の基本に挨拶をするという項目があります。目を見てはっきりと意思表示ができる人は好感をもたれやすい傾向があります。逆に下を向いて目を合わせないでする元気のない挨拶は相手側にちゃんと聞こえていないことがあります。元気のない声はせっかく挨拶をしていても自信のない印象をも周りに与えてしまいます。

意地悪をする人にこの人は気が弱そうだから何も言い返せないだろう、と受け取られてしまうと、八つ当たりされる被害者になりかねません。意地悪をする人はあえて自分に反発してこないような(出来ないような)大人しい人を自分のストレスのはけ口(八つ当たり)にしていることがあります。

意地悪をする人が急に温厚な対応ができる人に変わることはほとんどありません。今まで周りに声が小さくて自信がなさそうな印象を与えていたなら、今後は笑顔で元気よく挨拶をしてみましょう。笑顔には人を元気にするパワーがあります。

・今すぐ読みたい→
職場の飲み会に参加するのが苦痛…対処法は? https://cocokara-next.com/stress/pain-is-to-participate-in-the-drinking-of-the-workplace/

仕事を覚えてミスはしないようにする

仕事が出来ないうちは一般的に誰でも半人前扱いされやすいものです。「石の上にも3年」で辛い時期も「この経験が必ず将来の発展になる」と信じる気持ちをもって仕事を継続していくことが出来れば、きっと良い方向に事態は進んでいくでしょう。

そうは言っても世の中には仕事に慣れていない人をわざと選んで嫌がらせのターゲットにしている意地悪な人がいることも事実です。仕事に慣れないうちはミスを仕方がないと許されたとしても、何度も同じようなミスを繰り返しすると「覚える気がない」という印象を周りに与えてしまいかねません。意地悪をする人も何度も同じミスをすることをあえて逆手に取って嫌がらせをしてくるのです。

仕事を覚えるには「ノートやメモに残すこと」はとても役に立ちます。すぐには出来なくても、まずはメモに残しておくだけでも仕事の要領と段取りはスムーズになっていきます。作業が途中で分からなくなったときにノートのメモを繰り返し見るだけで手順がパッと頭に入ってくるのです。また、教わったことをノートに取っていると、きちんと前向きに仕事を覚える気がある人という印象を周りに与えるので好感がもたれやすいでしょう。

文字は書くだけでも願望達成のエネルギーが宿っていると言われています。あなただけの「黄金のノート」を常に持ち歩くことでミスを減らし、段取りをスムーズにさせていきましょう。いつまでも同じミスを繰り返す=覚える気がないというレッテルを張ることが意地悪をする人にとっては嫌がらせの常套手段なのです。その餌食にならない為にもノートをきちんと取るようにして仕事のミスを防ぎましょう。

仕事に慣れない最初こそ辛い立場かもしれませんが、あなたの仕事の成果がどんどん上がってくると、意地悪をする人もだんだんと嫌がらせをする隙が見つからなくなってきます。仕事の成果を上げていけば周りのあなたを見る目も少しづつ変わってくるでしょう。ミスから学ぶことで成長することが出来れば、嫌がらせへの大きなリベンジ力になるでしょう。

苦手な人にもホウレンソウ(報連相)を心掛ける

ここでいう苦手な人とはまさにあなたに意地悪をしてくる人のことかもしれません。しかし、社会は苦手な人とも共存し合いながら仕事を一緒にしたり、作業をすることを求められる可能性があります。また会社から毎月の収入を得ていることを考えると、生活する=生きていく為にも仕事とお金は必要ですから、他に行く当てがなければ、苦手な人が居ることを理由に会社を簡単に辞めるわけにもいかないものです。

人間関係の嫌な部分を上手くスルーしながら生き抜く知恵を有効活用していくことが出来れば、まったく何もしないまま現状維持でいるよりは少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

「報連相」はビジネスマナーの基本と言われています。報は報告、連は連絡、相は相談を意味しています。「報連相」を職場で上手く有効活用していきながら苦手な人とコミュニケーションを取る手段とすることで、嫌がらせがエスカレートしないように対策をとってみるのです。

意地悪をする人にも敢えて積極的に自分から仕事のことで接点をもつ方法が「報連相」です。意地悪な人はあなたにとっては職場にいる面倒な人で、関わりたくない人であることがほとんどでしょう。そういった面倒な人にプライベートで関わる必要はありません。あくまでも仕事上でお互いに作業を円滑に進める為に「報連相」を意識した行動をとってみるのです。

苦手な人だからといって報告も何もなく一方的に作業を進めていくと、周りにも協調性がない人という印象を与えてしまいかねません。意地悪をする人は自分でもあなたに良く思われていないことに気づいていることがあります。あなたの方からちゃんと自分に向き合ってくれていると思えば、意地悪な人もあなたへの印象が変わり、嫌がらせがなくなってくる可能性もあります。

仕事以外では距離を置く

意地悪な人であっても職場のメンバーの一員であるので、関わらないわけにはいきませんよね。思いきって仕事だけの関わりにすることで距離を置いてみるのもひとつの方法です。敢えて嫌がらせを真に受けないことで被害を抑えることを狙うのです。あなたが嫌がらせに反応しなければ、意地悪な人は面白くないので嫌がらせのターゲットがあなたから他に向かっていくでしょう。

嫌がらせが酷いときは会社の上司にSOSを出して相談に乗ってもらうことも視野に入れてみるといいでしょう。いずれにしてもあなたが不利な立場にならずに事情を上司に説明出来るように、話の順序を明確にしておくといいでしょう。

職場での嫌がらせ対策についてお伝えしてきました。

仕事をキチンとこなして他人に大きな迷惑をかけていなければ堂々と仕事をしていていいのです。もし成り行きで辞めることになったときは「自分にはもっと相応しい職場がある」と気持ちを切り替えて明るい未来を選択出来るように行動してみましょう!最後までお読みいただきありがとうございました。

[記事提供:国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイトParties(パーティーズ)(https://parties.jp/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
職場の飲み会に参加するのが苦痛…対処法は? https://cocokara-next.com/stress/pain-is-to-participate-in-the-drinking-of-the-workplace/