モデルの「みちょぱ」こと池田美優

写真拡大

 「みちょぱ」ことモデルの池田美憂(20)が4日、MCを務めるテレビ朝日「アメトーーク!」(木曜後11・15)に出演。「ないない」とオジさん芸人たちに痛烈な言葉を浴びせた。

 この日は「オジさんたち シーズン2」として博多華丸・大吉、中川家、「おぎやはぎ」の小木博明(48)、ずんの飯尾和樹(50)、カンニング竹山(48)がオジさんトークを展開。「麒麟」の川島明(40)とともに、MCの「雨上がり決死隊」の蛍原徹(51)の横に座り、オジさんたちのトークを受け止めた。

 40歳後半以降のゲストばかりの中、川島も「こっち座ってますけど、僕40ですよ」と苦笑。博多華丸(49)が娘が20歳で、みちょぱと同じ歳だと聞かされ、「親子の年だ…」とスタジオから驚きの声がもれた。

 そんな中、みちょぱは「私から見たら40(歳)はオジさんですよ」とキッパリ。川島も「でしょ?倍やらかね」と納得するも、オジさんたちは「みちょぱ的には(男として)ないの?」と素朴な疑問を投げかけられると、みちょぱは「ないですよ。え?あると思ってたんですか?ないですよ、ないない」とバッサリと斬り捨てた。

 剛(48)から「それは何が困る?」と聞かれ、みちょぱは「会話はすっごい困る。たまに何っているか、たまに本当に分からない時がある」とぶっちゃけ。「たとえとか、〇〇みたいって言われても、昔の人の名前とか出されても、それ知らないから、誰?みたいな…」と苦笑。すると、礼二(47)は「ただ食事に行ってもおいしいものは食べられますよ」とメリットをアピール。これには川島から「大概のものは塩でいかはる。塩、ワサビ」とツッコミが入った。さらに「箸の持ち方をずっと見てる」(華丸)、「1つのことをいつまでも言ってる」(剛)とオジさんとの食事あるあるを次々にくり出されると、みちょぱは「超ヤダ、それ!」と笑顔ながらも拒絶した。