7回に畳みかける・鹿児島城西先発右腕・前野(鹿児島城西)

 鹿児島城西は立ち上がり、二死二、三塁のチャンスに5番・池山聖悟(2年)がセンターオーバーの2点タイムリー二塁打を放って先制する。

 4回は二死満塁から3番・板敷政吾(1年)がライト線二塁打を放って2点を追加した。

 6回にも、3回戦・神村学園戦で逆転3ランを放った2番・乗田元気(1年)のライト前タイムリーで追加点を挙げる。

 7回は8番・前野将輝(2年)、9番・長隆稀(1年)、3番・板敷のタイムリーなどで大量6得点のビッグイニングを作った。

 加治木工は3、4回と追い上げのチャンスを作ったが、あと一本が出ず。鹿児島城西の先発右腕・前野は加治木工打線を3安打に封じ、本塁を踏ませなかった。

(文=政 純一郎)