画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2019年9月のモバイルブラウザのシェアが発表された。2019年9月はChromeがシェアを落とし、Safariがシェアを増やした。2019年9月はAndroidがシェアを落とした一方、iOSがシェアを増やしており、Chromeの減少とSafariの増加はこうしたオペレーティングシステムの動向に連動していると見られる。

一般的に、ChromeとSafariのシェアはAndroidとiOSのシェアに連動しているが、Chromeはこの2年間で徐々にシェアを増やしている。Safariのシェアは横ばいの傾向を見せており、Safari以外のWebブラウザからChromeへの移行が起こっていると考えられる。