森保ジャパンの最新序列。焦点は大迫を欠くCFの人選だ。

写真拡大 (全2枚)

 カタール・ワールドカップのアジア2次予選の第2戦、第3戦として、10月10日に埼玉スタジアム2002でモンゴル戦、同15日に敵地のパミールスタジアムでタジキスタン戦を迎える森保ジャパン。9月10日の初戦、ミャンマー戦には勝利しており、連勝で弾みを付けたいところだが、今回はエースの大迫勇也を怪我で欠く状況だ。そのため特に攻撃面で、どういった戦いを見せるのか注目が集まる。ここではMFとFWの最新序列を考察する。

 
【ボランチ】
◎柴崎 岳(デポルティボ/スペイン)
〇橋本拳人(FC東京)
△遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
△板倉 滉(フローニンヘン/オランダ)
 
◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー
 
 チームのバランサーであり、司令塔として攻撃を操る柴崎は欠かせない存在だ。パラグアイ(キリンチャレンジカップ)、ミャンマー(カタール・ワールドカップ・アジア2次予選)と対戦した9月シリーズでは、その相棒を誰が務めるかが焦点となったが、橋本が2試合にフル出場し、評価を高めた。現状では柴崎、橋本のコンビが指揮官のファーストチョイスだろう。
 
 今年1月のアジアカップで柴崎とコンビを組んだのは遠藤だった。しかし、夏にドイツ2部のシュツットガルトへ移籍した遠藤はここまで出場ゼロ。コンディション面で不安を残す。また板倉は6月のコパ・アメリカに続き、9月のパラグアイ戦でも起用されたものの、緊張からかミスも見られただけに、レギュラー奪取にはレベルアップが必要だろう。ただA代表で揉まれた経験は今後、必ず活きるはずだ。
 
 
【サイドハーフ】
◎中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
◎堂安 律(PSV/オランダ)
〇久保建英(マジョルカ/スペイン)
△伊東純也(ヘンク/ベルギー) 
△原口元気(ハノーファー/ドイツ)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー
 
 中島と堂安は攻撃に推進力をもたらす貴重な存在で、重要な役割を担う。ふたりは負傷を除き、重要なゲームでは常に先発してきただけに、今回の2連戦でも立場は変わらないはず。もっとも久保も株を上げており、9月のパラグアイ戦、ミャンマー戦ではともにジョーカーとして途中出場。大迫を欠く10月シリーズではピッチに立つ時間がさらに増えるかもしれない。
 
 一方、伊東、原口は森保ジャパンの常連とはなっているが、さらなるアピールが求められる。現状では中島、堂安が不在の際に攻撃のクオリティが落ちる傾向にあり、チームとして伊東、原口を活かす術を模索する必要もあるだろう。

 
 
【2トップ】
◎南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
〇永井謙佑(FC東京)
〇鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
〇浅野拓磨(パルチザン/セルビア)
〇久保建英(マジョルカ/スペイン)
 
◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー
 
 大迫不在で臨む今回の2試合で鍵を握るのは南野拓実だろう。縦関係になる森保ジャパンの2トップで、セカンドアタッカーとして地位を築いてきた男は、10月2日のチャンピオンズ・リーグのリバプール戦で1ゴール・1アシストの活躍。調子は良好で、期待をかけたい。
 
 一方、大迫の代役を誰が務めるのかは予想が難しい。9月シリーズに続いて招集した永井、もしくは「所属チームで継続して試合に出て良いパフォーマンスを見せてくれている」と指揮官が評価する鎌田か浅野か。
 
 もっとも3人とも大迫とはタイプが異なり、スピードが特長の永井、浅野、技巧派の鎌田をチームにどう組み込むかは頭を悩ませるところだろう。
 
 指揮官は「浅野と永井はスピードが特長ですが、引いた相手にどうやってスピードを活かすかと考えているかもしれませんが、浅野は広島時代から特長を分かっていますし、永井とも6月に一緒に戦っていますし、コンセプトを伝えて、こういうプレーをしてほしいと話せば、起点となるプレーをしてくれています。10月も良さを発揮してくれると思います」と説明するが、もしかしたら周囲との関係性、キープ力を評価して南野を最前線、その下に久保らを並べる形もあるかもしれない。
 
 森保監督がどういった選択をするのかは非常に興味深い。
 
文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】W杯アジア2次予選・モンゴル戦、タジキスタン戦に臨む招集メンバー23人