モンゴル戦のスタメン予想

写真拡大 (全2枚)

 10月3日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦(10日/埼玉スタジアム)とタジキスタン戦(15日/アウェー)に向け、日本代表メンバー23名が発表された。
 
「日本代表を見て下さっている方が、メンバー選考の段階からいろんな考えがあるでしょうが、ミャンマー戦でもそうでしたが、その都度、ベストだと思う選手を選考して行なってきました。ベストというのはメンバーが固定ということではなく、その都度変わるものです。2戦とも勝利できるように戦っていきたいと思います」

 森保一監督はメンバー選考に関して、このように述べた。勝利を目指してベストなチョイスをしたのであれば、パラグアイ戦とミャンマー戦ともに2−0で下して結果を残した9月シリーズのスタメンが、中心になると予想する。
 
 GKは9月シリーズの2試合でフル出場した権田修一をファーストチョイスにしたが、シュミット・ダニエルもスタメンの可能性を残す。もともとA代表の序列はシュミットのほうが上で、パラグアイ戦の前にトレーニングで怪我した影響により、権田に正守護神の座を明け渡した。負傷が癒えた現在は横一線とも言えるか。練習でのアピールに注目だ。
 
 DFとMFは9月シリーズの2試合で先発した鉄板メンバーがスタメンと見る。最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。2列目は右から堂安律、橋本拳人、柴粼岳、中島翔哉が並ぶだろう。
 10月シリーズの焦点となるのは、FWだ。9月シリーズからメンバーが変わり、鈴木武蔵と負傷離脱した大迫勇也の代わりに、浅野拓磨(パルチザン)と鎌田大地(フランクフルト)が招集されている。先月の2試合から唯一の変更点となった前線は、どんな組み合わせになるのか。FWの人選について、森保監督は浅野と鎌田を「ふたりは所属チームで継続して試合に出て、良いパフォーマンスを出している」と称え、選出の理由を明かしている。
 
 永井と浅野はスピードを武器とする同タイプだが、9月シリーズから継続招集されている永井のほうが序列は上だろう。大迫のように前線で「起点を作る」という点では、より技術が高い鎌田のほうが上かもしれないが、指揮官が「要求すれば起点となるプレーもこれまでの活動のなかで見せてくれています」と永井に期待を寄せていることも踏まえれば、やはり永井がスタメン候補の筆頭と予想する。
 
 しかし、その永井に関しても、森保体制下での出場記録は2試合・82分と少ない。これまで、大迫は最前線でポストプレーに奔走し、中島、南野、堂安ら2列目のアタッカーを活かしてきた。彼らとのプレー経験が少ない永井には、どうしても連係面の不安が拭いきれない。
 
 そこで、ひとつの選択肢として可能性がゼロではないのは、南野の最前線での起用。実際に大迫が不在だった3月のコロンビア戦では、65分に鈴木武蔵を香川真司に代え、南野を一列前に上げたケースもある(香川はトップ下で起用)。今回のメンバーに当てはめるならば、南野を最前線で使うと、シャドーの最適人材は久保建英あたりになるか。

 ただし、そのコロンビア戦でも、最前線のスタートは純粋なFWである鈴木だった。今回もまずは永井の先発のほうがファーストチョイスの可能性が高いが、途中から前線を南野と久保のコンビにする可能性もゼロではないかもしれない。
 
文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)