胃や十二指腸潰瘍の治療薬に発がん性物質?各メーカーが自主回収

ざっくり言うと

  • 胃や十二指腸潰瘍の治療薬である「ラニチジン塩酸塩」
  • 厚労省は3日、同薬を製造販売する各メーカーが自主回収を始めたと発表した
  • NDMAと呼ばれる発がん性物質が含まれている可能性があるとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x