年齢を重ねるごとに結婚への焦りが?「もう遅い」と思わなくて良い理由

写真拡大

こんにちは、トイアンナです。
「アラサー過ぎたら結婚できない」
という残酷な言葉を、20代から聞かされてきたんじゃないでしょうか。
婚活のご相談を伺っても32歳ごろから「もう諦めるわ」と絶望したり「友達と遊んでる方が楽しいから」なんておひとり様の人生へ切り替えたりする女性がちらほら。もちろん独身の人生も楽しいものですが、「結婚は無理だから」なんて消極的な理由で選ぶのはさぞ辛い決断かと思います。

本当に35歳を過ぎたら結婚できないの?

なぜアラサーを超えたら結婚できないと信じられるようになったのか? その背景には、ある記事が浮かび上がります。
2%は少ない、と思わせるには十分な数字。そこから「いい年して結婚できていないのは自分が見えていない」「高望み」と、まるでアラサー超えした未婚女性へなら何を言っても構わないかのように、過剰な自己責任論がまかり通っています。
けれど、本当に35歳を過ぎたら結婚できないのでしょうか?

10人に1人は性的少数者

そもそも、35歳まで結婚していない人には「結婚という仕組みそのものが合わない」という方も結構いらっしゃいます。その一例が、レズビアンやトランスジェンダーなどの性的少数者。同性と結婚できない現在のシステムで、もう年だから……なんて理由で「はい結婚しましょう!」とは行きません。
しかも、性的少数者は10人に1人いると言われます。小学校が30人のクラスなら、そのうち3人は結婚制度が合わないかもしれないのです。
また、性的少数者といえばゲイ・レズビアンを想像される方が多いかもしれません。しかし中には恋愛感情を誰にも抱かない「Aセクシュアル」な方もいます。誰にも恋をしないなら、特に結婚する理由もないでしょう。
性的少数者以外でも、結婚をあえて選ばない理由はたくさんあります。両親が不仲で結婚にいいイメージがないからと生涯未婚でいたい人。仕事を家庭より優先したいから結婚は余計だと思っている人。アイドルや二次元のパートナーがいる「ある意味既婚」な人。
アラサーを超えた女性が結婚する率は2%。でも、他の全員が婚活を頑張っても結婚できなかったのではありません。残りの98%には結婚する理由がない人だってたくさんいるのです。

生涯未婚率は減っている

しかも、「2%」のニュースが出た当時と比べて、
統計データをもう少し見てみると、50歳時点で未婚なのは11.4%。ざっくり10人に1人です。さて、ここで性的少数者の割合を思い出していただくと、同じ10人に1人。……あれ? 結婚制度が合わない方以外は、ほとんど結婚しているのが今の日本です。

大切なのは絶望せず動き始めること

婚活をする上で、年齢なんて関係ない! とまで極論をぶち上げるつもりはありません。事実として、年齢を気にする男性は少なからずいます。
けれど女性の年齢を気にする35歳オーバーの男性はどう行動するか。ほとんどの20代女性から見れば、35歳男性は歳上すぎて対象外です。それでも年齢の条件を維持すれば、彼らは20代の女性を狙って撃沈し続けるだけ。彼らの戦いは、彼らの戦い。自分の婚活へ持ち込む必要はありません。
おひとり様もいいですが、絶望するのは早すぎるのではないでしょうか。あなたが理想の相手へ出会うために必要なのはただひとつ「動き出す」こと。これまでに運命の出会いが無かったなら、これからも運命を待つだけの身は危険です。自分から出会いを手に入れて、幸せを掴んください。


(トイアンナ/ライター)

公開日:2017年1月16日
更新日:2019年10月3日