画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2019年9月のモバイルOSのシェアが発表された。2019年9月はAndroidがシェアを減らし、iOSがシェアを増やした。2019年9月はAppleからiPhoneの最新モデルが販売されており、これに合わせてiOSのシェアが増加したと見られる。過去の動向を見ても、新型iPhoneが販売された月はiOSのシェアが増加している。

この2年間、AndroidとiOSのシェアはそれぞれ全体の7割と3割といった関係が続いている。モバイル向けオペレーティングシステムとしてAndroidとiOSは99%ほどのシェアを占めており、強い影響力を持っている。