メンバー発表会見に臨んだ森保監督。モンゴル戦とタジキスタン戦へ意気込みを語った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本代表は10月3日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦(10月10日/埼玉スタジアム2002)、タジキスタン戦(10月15日/パミールスタジアム/タジキスタン)に向けた日本代表23人を発表した。
 
 森保一監督は冒頭、「ともに勝点3を目指し、勝利を届けられるように頑張りたいです」とコメント。
 
 今回はエースFWの大迫勇也が怪我のためメンバーに入らず。代わりに、FWにはパルチザンに所属する浅野拓磨、フランクフルトに所属する鎌田大地を招集した。
 
 森保監督は「大迫の怪我に関してはチームとして痛いですし、本人もプレーできないことも痛いと思います。焦らずに怪我を治してもらいたいです」とメッセージを送りつつ、浅野と鎌田の選出に関しては「彼らは所属チームで継続して試合に出て良いパフォーマンスを見せてくれています。今回のモンゴル戦、タジキスタン戦を戦ううえで、彼らの持っているものを活かせると思いますし、彼らの好調ぶりを活かしてもらいたいと思います」と説明した。
 
 またもうひとりのFW永井謙佑も含めて「戦いの幅が広がるのは良いことだと感じています。今回招集した3人は特長を持った選手で、本人の良さをこの戦いで出してもらいたいです。浅野と永井はスピードが特長ですが、引いた相手にどうやってスピードを活かすかと考えているかもしれませんが、浅野は広島時代から特長を分かっていますし、永井とも6月に一緒に戦っていますし、コンセプトを伝えて、こういうプレーをしてほしいと話せば、起点となるプレーをしてくれています。10月も良さを発揮してくれると思います」と期待を寄せた。

 タジキスタン戦はアウェーのピッチなどに苦しみそうだが、大迫を欠くなかで新しい攻撃の形を見い出せるか。FW陣の起用法には注目が集まる。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】W杯アジア2次予選・モンゴル戦、タジキスタン戦に臨む招集メンバー23人