香坂きの公式ユーチューブチャンネルより https://www.youtube.com/channel/UCy2PGJXi1P6t5MDbwhg3mSA

写真拡大

 プラモアイドルを名乗る香坂きのが自身のユーチューブチャンネルで、過去、AVに出演していたことを告白した。

 香坂は1日にツイッターで「性被害というのは身近にあります。勇気を出して話します」と動画のリンクを紹介。動画の中で香坂は、ネット上で「香坂きのがAVに出ている」という書き込みが拡散されたことを知ったといい、「結果から言うと事実です」と話した。

 出演の経緯について香坂は、友人と名古屋の栄で待ち合わせをしている際、「アンケートに答えてくれませんか」と声を掛けられ、付いて行くと「出てもらうんだったら書類を書いてください」と軽自動車の中に誘導され、肖像権などに関する書類を書かされたという。声を掛けてきた人物からは「アンケートをテレビで使うので許諾がほしい」と言われ、香坂は書類を読まずにサインしたとのこと。また、「悩みがある子がいて、その子の悩みを励ましてほしいんです」と言われて、別のボックスカーに入った瞬間にAVだと悟ったと話していた。

 香坂は「逆らったらもっと酷いことされるんじゃないか」という思いから逃げられなかったといい、その場を凌いだとのこと。終了後は2万円とともに車外に出され、どうすることもできないという思いから、その後は記憶から消していたという。香坂は「そういうのがあるってことをみんなに知ってほしいなって思って」「ああいう風に撮られたもののすべてが同意してるわけじゃない」と話していた。

 この動画にコメント欄では、「今まで通り、香坂きのさんを応援します」「胸が締め付けられました。あなたは何も悪くない」「本当にひどい…きのさんは絶対絶対絶対悪くない」というエールや同情の声が殺到。しかし一方では、「なぜ被害届出さなかった?」「大手メーカーなんだから被害届で対応してくれそう」という疑問の声も上がっていた。

 「ネット上で指摘されているのは、11年に発売された、経験の少ない素人の女性が『手コキ』で男性を射精させるというもの。10分強ほどの出演となっていました。制作したのがAVの最大手メーカーであることから、『当時警察に被害を訴えていれば映像の発売はなかったのでは?』といった指摘も。辛い体験の告白だったからこそ、困惑の声が上がってしまったようです」(芸能ライター)

 勇気ある告白に、今後の応援も決意したファンも少なくなかったようだ。

記事内の引用について
香坂きの公式ツイッターより https://twitter.com/kinoko_paf
香坂きの公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCy2PGJXi1P6t5MDbwhg3mSA