画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2019年9月のデスクトップにおける検索エンジンのシェアが発表された。2019年9月はGoogleとBaidu、Yandex、NAVERがシェアを増やし、BingとYahoo!がシェアを減らした。

Bingは2019年9月はシェアを減らしたものの、長期的には増加の傾向にある。一方、Yahoo!のシェアは長期にわたって減少傾向を続けており、Yahoo!のシェアがBingに流れている可能性があると見られる。

2019年9月はNaverがいきなりシェアを増やした点も注目される。Naverはこれまで0.1%前後で横ばい状態だったが、2019年9月は通常の5倍となる0.5%を超えた。