男子バレーW杯で日本はポーランドに敗戦 ミス目立ち主導権握れず

ざっくり言うと

  • 2日の男子バレーボールW杯で、日本はポーランドと対戦し、1−3で敗れた
  • サーブなどのミスが目立って主導権を握れず、ポーランドの高さにも苦戦
  • 西田有志らのスパイクで点を重ねて第3セットは奪ったが、押し切られた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x