画像提供:マイナビニュース

写真拡大

広告配信サービスを提供するログリーは10月1日、PLAN-BよりDMPサービス「Juicer」の事業譲渡を受けデータマーケティング事業に参入することを発表した。

ログリーは、ネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」や、メディア向けユーザー育成支援ツール「Loyalfarm」などを展開し、独自のデータ分析技術を重ねているが今回新たにユーザー分析DMP「Juicer」をラインナップに加えることによって、オーディエンスデータを組み合わせた新しい広告配信機能の提供を目指す。

「Juicer」は行動分析から自動で"ペルソナ"(ユーザー像)を作成、広告やCRM連携が可能なDMPで、A/Bテストも備え、アクセス解析の重要指標、業界ごとの平均値比較、サイト内で起こった変化など非常にわかりやすいダッシュボードで理解を高める工夫も凝らしてある。

同社は、"集まれば新しい価値が生まれる"という経営理念を掲げ、データから事業を創出することを実践しており、データマーケティング事業への参入以降は"新しい価値を創出することを顧客にも広げていく"ことを述べている。