千葉の被災者は困惑…(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 台風15号の直撃を受けた千葉県。県によると、先月30日時点で約2万2000棟の住宅が被災し、県内11カ所で、約50人が避難所生活を余儀なくされている。

今さら千葉厚遇…台風被害「初動ミス」批判封じの汚い魂胆

 被災者が頭を痛めているのが倒壊した屋根だ。雨が降れば部屋に水が入り、家財を腐敗させ、カビを発生させる原因にもなるからだ。被災者は一刻も早く壊れた箇所をブルーシートで覆いたいものの、高所作業でもあるためままならない。そこで自衛隊の機動力が期待されるのだが、ナント!1日時点で、現場で活動する自衛隊員はゼロというのだ。

 仰天情報が判明したのは、1日の参院災害対策特別委。立憲民主会派の小西洋之議員が千葉県の被災家屋のブルーシート問題について質問すると、30日時点で県内にはブルーシート未設置家屋が1715軒あることが判明。さらに小西氏がブルーシート設置訓練を受け、即応可能な自衛隊員の数を尋ねたところ、防衛省の担当者は2000人と答えた。

 ならば自衛隊が今すぐ対応すれば、あっと言う間に問題は解決。ところが、小西氏が続けて自衛隊員の活動人数を聞くと、担当者は「昨日の作業分をもって自衛隊が実施する箇所が終了したため、現時点では、本日活動予定はございません」と答えたから驚きだ。

 さらに小西氏が「今週金曜も(予報は)雨。大臣のお力で(自衛隊の)要請を」と訴えると、武田防災担当相は「(自衛隊派遣は)千葉県の要請に基づいて行うルール。本日どうあったかを今から確認させていただく。いずれにしても、一日でも早い、復旧に努めていくという方向性を示しております」なんて答弁していたからクラクラする。

 これじゃあ被災者の雨ざらしはホッタラカシ同然。小西氏が政府対応について「史上空前の失策」と激怒していたのもムリはない。