「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」六本木で、原研哉や隈研吾のスケッチ

写真拡大

企画展「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」が、東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2にて、2020年6月1日(月)より事前予約制で再開。会期は9月22日(火・祝)まで延長された。

クリエイターのデザインの“過程”を紹介

「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」では、日本のデザインに貢献してきた「日本デザインコミッティー」に所属するデザイナーや建築家、評論家が、そのデザインの過程で生み出したスケッチや図面、模型の数々を展示。完成品の手前にある、デザインの“秘められた部分”に焦点を当てることで、デザインの核にある大切なエッセンスを紹介。普段は日の目を見ない、貴重な資料が勢揃いする。

深澤直人、原研哉ら所属の「日本デザインコミッティー」

「日本デザインコミッティー」は、1953年の設立以来、松屋銀座と長い関係を持ち、優れたプロダクトの選定やデザイン展の開催といった活動を実施。プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、建築、テキスタイルデザインなど、各分野のクリエイターが集結する「日本デザインコミッティー」には、深澤直人や原研哉、隈研吾、佐藤卓をはじめとする26名が在籍。「マル秘展」のディレクションも務めるデザインエンジニア・田川欣哉もその一員だ。

スケッチやメモ、制作風景を公開

会場には、原研哉によるはさみのスケッチや、佐藤卓が過去の21_21 DESIGN SIGHTの展覧会「民藝展」のロゴを考えるにあたり描かれた文字のスケッチ、深澤直人の制作風景、隈研吾のスケッチ、田中俊行のメモなどを展示。思考のプロセスや、デザインに向き合う姿勢が表れた、“過程”の制作物ならではのクリエイティビティを体感することができる。

展覧会概要

企画展「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」
会期:2019年11月22日(金)〜2020年9月22日(火・祝)〈事前予約制〉
※6月1日(月)より、事前予約制で再開
※当初、会期は2019年11月22日(金)〜2020年5月10日(日)を予定していたが、臨時休館のため延長
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
TEL:03-3475-2121
休館日:火曜日(12月24日(火)、2月11日(火)、9月22日(火)は開館)、2019年12月26日(木)〜2020年1月3日(金)、2月28日(金)〜5月31日(日)
開館時間:10:00〜17:30(入場は17:00まで)
入館料:一般 1,200円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下 無料

〈事前予約制〉
期間:2020年6月1日(月)〜 公式ウェブサイトにて
受付時間枠・定員:(1) 11:00〜12:00・40名 (2) 12:00〜13:00・40名 (3) 13:00〜14:00・40名 (4) 14:00〜15:00・40名 (5) 15:00〜6:00・40名 (6) 16:00〜17:00・40名
※予約の時間枠内であればいつでも入場可、ただし再入場不可
※入替制ではない
※予約および来館に際しての注意事項は、公式ウェブサイトを参照のこと
【写真付きで読む】「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」六本木で、原研哉や隈研吾のスケッチ

外部サイト