画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは10月1日、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」におけるチームコラボレーションのハブである「Microsoft Teams」に、固定電話や内線電話などの従来の電話システムを接続させるクラウド型電話ソリューションを同日より提供開始すると発表した。

「Microsoft Teams」は、チャットやビデオ会議、ファイルの共有、ビジネスアプリでの作業などコミュニケーションができるサービス。今回、ドコモが提供するソリューションは、「Microsoft Teams」のアプリを入れたPCやスマートフォン、タブレットから、固定電話番号で発着信ができる音声通話サービスを提供するもの。

ドコモが提供する全国型モバイル内線サービス「オフィスリンク」を含む、利用中の従来の電話システムと「Microsoft Teams」の音声通話サービスを接続することで、2つの音声通話環境間での相互通話も可能となる。

これにより、自宅や出張先など場所を選ばずPCやスマートフォン、タブレットから会社の電話番号を利用した発着信が可能になるため、在宅勤務やリモートオフィス勤務などの多様な勤務形態の導入、働き方改革を通じた生産性の向上が期待できるという。

加えて、同ソリューションによって、各事業所への電話交換機(PBX)の設置が不要になることから、設備面でコストの削減も可能。さらに、同ソリューションの電話システムを構成する上で重要な仲介装置(SBC)をクラウド上に構築することで、固定資産やメンテナンスコストを最小化できるとしている。