虐待死の女児は「骨と皮しかなかった」救命措置の消防隊員が証言

ざっくり言うと

  • 東京都目黒区の女児虐待死事件で、傷害などの罪に問われた父親の裁判
  • 1日の初公判には、女児の救命措置にあたった消防隊員が証人として出廷した
  • 女児について「異常なくらい痩せ、骨と皮しかなかった」などと証言した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x