台風18号 沖縄で1時間に約120mmの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報

2019/09/30 21:55 ウェザーニュース

台風18号の影響で、沖縄県の先島諸島では激しい雨が降っています。竹富町新城島付近では1時間に約120mmの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表し、災害への警戒を呼びかけています。

▼沖縄県で猛烈な雨 記録的短時間大雨情報21時30分までの1時間に、 竹富町新城島付近で約120mm(解析雨量)

川の増水、土砂災害などに厳重警戒を

先島諸島の特に八重山地方では、明日10月1日(火)未明にかけて断続的に激しい雨が降る見込みです。大規模な道路冠水や河川の増水、氾濫、土砂災害に警戒が必要です。また自治体の発表する避難情報も確認し、身を守るための適切な行動をとるようにしてください。また、石垣島などでは40m/sを超える最大瞬間風速を観測しています。明日朝にかけて猛烈な風にも警戒が必要なため、不要な外出はしないようにしてください。

記録的短時間大雨情報とは

気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。この情報が発表された地域の周辺では、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。