小柳ルミ子

写真拡大

 29日放送の旅バラエティ番組『なりゆき街道旅』(フジテレビ系)での歌手・小柳ルミ子の態度が物議を醸している。

 この日、番組ではレギュラーのハライチ・澤部佑と、ゲストの小柳ルミ子、お笑い芸人のゴリけん、お笑いコンビ・パラシュート部隊が鹿児島を旅する様子を放送。その中で、小柳は冒頭からスマホを片手に登場。ロケ中も常にスマホを持ち、唐突に出演者たちにスマホのカメラを向け、写真や動画を撮る場面も。さらに、入った飲食店で名物氷菓「白熊」を食べたあと、店員にほかのおすすめの店を聞いている際、ひとりスマホを操作し、出演者たちのネタの動画を検索し、店員の声を音声で遮っていた。

 その後も、歩きながらスマホをいじる場面も多々あり、とんかつを食べる際には肘をつくことも。あまりにもスマホをいじる頻度が高く、出演者がやんわりと咎めるも、音を出してスマホを操作をしつつ、「この時にやらないと」とスマホに目を落としたまま反論していた。

 この小柳の態度に視聴者からは、「仕事だって分かってる…?」「仕事中もスマホいじりっぱなしとかやばすぎる。現代の闇を感じる」「人として常識無さすぎる。大御所だから誰も注意できないの?」という批判の声が殺到していた。

 「移動中の車内で少し操作する程度ならともかく、小柳はカメラに映っているほとんどの時間でスマホを操作。歩きスマホや、通りがかっただけの飲食店の前で写真を撮ったりなど、迷惑行為に繋がりかねない行動も多々見られ、違和感を抱いた視聴者が多かったようです。また、あまりのスマホ操作率に『スマホ依存では?』と疑う声も噴出していました」(芸能ライター)

 仕事中のスマホ操作という非常識行動。出演者に注意されてもまったく気にする様子もなかった小柳に、批判が続出してしまったようだ。