Photography: Martyn Goddard

写真拡大 (全4枚)

イギリスの街中をタルガトップボディのベントレー・コンチネンタルSCで走ったところで、その魅力のすべては把握しきれない。ヨーロッパ横断を通して明かされたのは、真の妙味だった。

まだ夜が明けきらないなか、フェリーは雨が滴るフランス・カレーの港に到着した。ロンドンを出発した頃はめずらしく天気に恵まれ、幸先よいスタートを切れたと思ったばかりだった。ヨーロッパ横断でイメージしていたのは晴天のなか屋根を開けて、イギリスの寒い冬を忘れながら颯爽と駆け抜ける姿だった。しかし、向こう数日の天気予報は大雨⋯。
 
最終目的地は「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」が開催される、ヨーロッパ有数の高級リゾート、イタリアのコモ湖だった。そして、移動のともは、コレクターである友人が貸してくれた、仕上がったばかりのベントレー・コンチネンタルSCだった。正直、スポーツカー好きな筆者として、1990年代のロールス・ロイス/ベントレーにさほど興味を抱いたことはなかった。だが、コレクターの友人はサ離を走ればわかるから…イ箸い辰董筆者にキーを渡した。


 
コンチネンタルSCのSCイ魯札瀬鵐・クーペ(Sedanca Coupé)の略で、1930年代のベントレーにもラインナップされていた、いわゆるゥ織襯トップイ任△襦コンチネンタルTをベースに開発されたコンチネンタルSCは72台しか生産されておらず、そのうち25台が右ハンドルだったという。

新車時価格は24万5000ポンドと当時は圧倒的に高額だった。デビューしたのは1998 年のパリ・サロンだ。ちょうど、VWがヴィッカースからロールス・ロイス/ベントレーを買収する頃だ。ロールス・ロイス/ベントレー最後のモデルとも呼べるし、VW傘下最初のベントレーともいえる。
 
今までピンと来なかった車両であることは認めつつも、たまにはこのようにレアで豪勢な車とドライブも悪くないなと思ったのも事実だ。「フランスを抜ける際にはワイナリーでも立ち寄って、広いトランクに気に入ったワインを買い占めよう」と閃いた。だが、広かったはずのトランクの3分の1は、ルーフを収めるためにツ戮譴譛イ海箸傍い鼎された。
 
カレーから高速道路A26に乗り、進路を南東に進む。まだコンチネンタルSCの運転に慣れてはおらず、大雨にも見舞われていたので、とりあえずはゆっくり、安全に走ることにした。アラスの街に到着すると高速道路を降り、かつてロールス・ロイス/ベントレーがテストコース代わりに走っていた国道へ向かった。長い直線が多く、時がゆっくり流れる景色を満喫できる。制限速度が設けられているのだが、地元の農作業車や白いバンはお構いなしに飛ばしていく。周囲がどんなに飛ばそうと、コンチネンタルSCに乗っていると気にならないのは不思議だ。途中、ランス・シャンパーニュ自動車博物館に立ち寄り、コンチネンタルSCは駐車場で2時間ほど雨に打たれた。セダンカクーペゆえに水漏れを心配したが、杞憂に終わった。ランス・シャンパーニュ自動車博物館自体は、車好きにとっては癒しの空間だ。近くを立ち寄った際は、必ず訪れることをお勧めする。
 
ランスからはまた高速道路A26に乗り宿泊地、ブルゴーニュ・ワインの産地として有名なボーヌへ向かった。翌朝、周辺のサントーバンやガメを散策。ちなみにガメはボジョレーワインに用いられる葡萄が600年前に生まれた場所とされている。この辺りの道は狭いのだが、車幅が2060个砲眞するコンチネンタルSCでも気にならなくなってきた。だいぶ、車に慣れてきたのかもしれない。そして、コンチネンタルSCの図太い低速トルクに魅力されてきたのだろう。どんな回転域でも、とめどもなく押し寄せるトルクがとにかく心地良い。

 
1998年の車とはいえ、もっと時代を遡るような雰囲気が漂うのも事実だ。大柄なボディなのに狭い室内、人間工学に基づかない、もしくは1950年代のセダンのようなインターフェイスには失笑を禁じえない。方向指示器は大げさにいえば、オン・オフの作動までに数十cmも動くじゃないかと思ってしまう。それでも、コンチネンタルSCは長距離移動の相棒としては快適そのものだ。潤沢にあしらわれたウッドパネル、本革シート、ムートンカーペット⋯、あとは暖炉さえあれば上質なリビングルームが完成する。
 
そんな冗談はさておき、コレクターである友人は正しかった。コンチネンタルSCを気に入らない人なんていないかもしれない。とにかく落ち着くのだ。紳士のゆとりを感じさせてくれる。


 
雨も止み、ほっこりしながらリヨンに向けて高速道路を走っていた。すっかり高級車に毒されてしまったのか、のんびりキャンピングカーの後ろについても気にならなくなっていた。コンチネンタルSC の左側をランボルギーニ、AMG、マクラーレンの集団が追い越していった。ほっこりしていたはずの筆者にスイッチが入った。イ△僚乎弔砲弔い討い韻襪鵑世蹐Δ?イ箸竜震笋わき、アクセルペダルをグッと踏み込んだ。時間にして4秒ほどだろうか。慌ててアクセルオフしたのは、マクラーレンのリアに突っ込みそうな勢いだったからだ。スピードは本誌では明かせないほどに達していた。

巨漢かつ老体とはいえ、コンチネンタルSCはパンチが効いている。400psオーバーは伊達ではない。特徴的なのは、アクセルペダルを踏み込みエンジンの回転数が上がっても高い静粛性が保たれていることだ。あまりに静かに力強く加速する様は、まるでワープしているかのような感覚に陥る。
 
コンチネンタルSCにも慣れてきた頃、ようやく飛ばす楽しみを知ってしまった。何度味わっても、気持ちよいのだ。燃料計の針がグングン下降していくのはやむを得ない。もともと大富豪のための車だったのだ。フランスの温泉保養地、エクス・レ・バンの街とブルェ湖を横目にかつてジャン・ベーラ、ハリー・シェル、ロバート・マンツォンなどが駆け抜けた同じ道を辿る。コンチネンタルSCは単なる高級車ではないことが明白になってきた。
 
強大なパワーゆえにリアを滑らせたい衝動に駆られるも、なんとか自制心をもってグリップ走行に徹した。だが、コンチネンタルSCは攻めれば、攻めるほどケえるゼ屬澄どうしてもニヤケ顔で運転してしまう。ジェントルマンの姿をしていながら、いかようにも走れるのがコンチネンタルSCなのである。

 
シャンブリに宿泊した後、モン・スニがあるアルプ地方を抜け一路イタリアを目指す。道幅こそさほど狭くはないが、峠道はなかなかチャレンジングだ。しかし、ようやく天候に恵まれ、最高のドライブ日和となった。山を越えピエモンテ州に入り、A32アウトストラーダでトリノを目指した。
 
トリノでの夜は、友人たちとオステリア・ラ・コスタンツァにて伝統的なトリノ料理に舌鼓を打った。食後は街中を少しドライブし、高級ブランドが並ぶエリアでコンチネンタルSCを撮影してみた。実にセクシーに撮れたと思う。大きなタイヤがブリスターフェンダーに収まり、さりげないエアロパーツがコンチネンタルRとは一線を画す。通りがかるイタリア人は笑顔で車を誉めてくれる。イギリス人であることを誇りに思う瞬間だ。本当のことをいえば、米国人である私がイギリス人と結婚しただけなのだが。
 
木曜日はトリノにある自動車博物館で一日を費やした。ここは半日では済まないほど見応えがあるので要注意だ。1854年、ヴィルジーニョ・ボルディーノが手掛けた蒸気エンジン車、1893年のベンツ、イタリアに初めて輸入されたプジョー、イタリアで初めて生産された三輪自動車「ペコリ」など自動車史における歴史的価値の高いものがズラリと収められている。その多くは、フィアット創業メンバーの一人、ロベルト・ビスカレッティ・ディ・ルッフィアの息子、カルロが寄贈したもの。1932年に建てられた博物館だが、2011年にリニューアルされた。


 
金曜日にはA4アウトストラダーレに乗り、ミラノを抜け最終目的地であるコモ湖を目指す。コンチネンタルSCは洗車も済ませ、ようやくトップを外しての走行を試してみることにした。暖かい地中海の風がコックピットに入り込む。クローズド時の静粛性とはうってかわって時折、やんちゃなV8エンジンのエグゾーストノートが耳に入ってくる。
 
A4アウトストラダーレでは、最近のアウディがコンチネンタルSCのリアにピッタリと張り付いてきた。高速道路におけるコ擁イ妨立てられてしまったのだろう。そこで私は徐々にスピードを上げ、最終的にはフルスロットルを食らわしてみた。すると、狙った獲物が間違いだったことに気づいたのか、アウディはスピードを落としコンチネンタルSCから離れていった。巨漢で老体だからといって、甘く見られては困る。同時に、コンチネンタルSCの迫力を周囲に知らしめてくれることを切に願うばかりだ。
 
宿泊はホテル・トレ・レ。城壁の内側に位置し、かつて修道院だった16世紀の建物を利用している。約100年に渡ってコルベッラ一族が所有・経営している。最近はこの手の家族経営ホテルがヨーロッパでも減りつつあるのは、悲しい現実と言えよう。なんといっても、併設されているレストランが美味だ。また、ホテルからちょっと歩くと、リストランテ・リノも必ず訪れる場所と決めている。なんなら、コモ滞在中はずっと2軒のレストランを行き来したいくらいだ。
 
コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステが開催されているグランド・ホテル・ヴィラ・デステまでは、およそ1時間ほどだ。正面玄関に到着すると、係員が笑顔で出迎えてくれ、大きな手ぶりで我々を誘導してくれた。セレブリティ・ゲストと思われたなら光栄だし、コンコルソ・デレガンツァ出展車両だと思われても不思議ではない。いずれ、コンチネンタルSCが審査対象として並ぶ日がやってくるだろう。そんな車なのである。
 
さほど興味がなかったはずの90年代ロールス・ロイス/ベントレー。今回の長距離ドライブを通して、今なおイ△虜イ離戰鵐肇譟爾魄Δ垢訖佑多くいる理由が垣間見られたように思う。コレクターの友人に感謝を込めて⋯。