セクシーグラドルとして人気を誇る森咲智美が9月27日、AbemaTV「アベマde週末ボートレース〜Friday〜」に生出演。意味深発言で男性共演者を困惑させた。
 
 競馬好きながらも、ボートレースに関しては初心者の森咲。今回は2度目の番組生出演で、「おっぱいで奇跡を起こしたい」と外し続けた前回からの挽回を誓った。当番組は番組指定レースでポイントをかけて対決するルール。MCを務めたボートレース好き芸人・永島知洋の解説を参考に買い目を決めていたが、番組指定2レース目・丸亀10Rで永島から「正直、石塚(久也)選手はあまりいらない」とフライング持ちを理由に買い目から外すことをすすめられると、突如として不満顔。理由は「結構、顔がタイプ」だったそうで、永島から「そっち?」と返されると、ここで意味深発言が飛び出した。

 「38歳って結構、おいしい」。一体、これはどういう意味なのか。一人でニヤついた森咲は当然、永島から「何を言うてるんですか?」と突っ込まれたものの、進行の同局アナ・瀧山あかねから「私もそう思います」と同意されると「ありがとうございます。気が合いそう」とハイテンション。番組指定4レース目・丸亀11Rでも同じ愛知県出身の大須賀友選手を「30代の力」と買い目に加えると、「30代はおいしい」と再び2人で盛り上がった。

 だが、「(おっぱいは)いつから大きいの?」との話題で「中学生からパンパン」と答えた後に、「ブルマを履くと(男子を意識していると)女子たちから睨まれた」「女子たちからめっちゃ嫌われていた」と過去を告白すると、瀧山から「嫉妬する気持ちは分かる」とチクリ。早くも崩壊した仲間意識に思わず森咲は「怖い、怖い」と苦笑いを浮かべて、周囲を笑わせた。
(AbemaTV/BOATRACEチャンネルより)