地元の有力者から金品を受け取っていた関電会長「怯えていた」と説明

ざっくり言うと

  • 関西電力の八木誠会長は、2006年から2010年まで金品を授受していたと認めた
  • 渡してきた相手は高浜原発の地元の元助役で、強い影響力を持つ人物だそう
  • 八木会長は「返そうとすると激高される」「過度に怯えていた」などと話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x