Rude-αこと、ルードくんは博愛主義!新曲は夏の終わりにぴったりな切ないラブソング♡

写真拡大 (全8枚)

アーティストとしてはもちろん、「オオカミちゃんには騙されない」にも出演、ルードくんことRude-αの新曲が9月23日(月)にリリースされました!夏の終わりにぴったりな切ないラブソングの制作秘話から、意外な趣味の話まで、ルードくんの魅力を余すことなくお届けします♪

新しいスタイルに挑戦した新曲

--新曲「It’s only love」はどんなことをイメージして作ったの?

「惹かれ合ってる男女がいるけど、2人の間には壁があって。運命的な理由で結ばれることができないけど、それでも惹かれ合ってしまうっていうのをテーマにしています」

--夏の終わりにぴったりの曲調だよね?

「トロピカルハウスって言うリズムなんですけど、こういう曲調にチャレンジしたのも、ストレートな恋愛の歌詞も始めてで。『オオカミちゃんをテーマにしたの?』って、すごい聞かれるんですけど(笑)。もちろん自分がこの夏体験した感情だったりもしますけど、自分目線っていうよりは、他の人たちの目線でもありますね」

--個人的に気に入ってるフレーズとかはある?

「(ずいぶん悩んで)サビのところの“まだ夢のままでいたいけれど 瞼を開ける頃 世界のどこを探してみても 君はいないだろう”ってところですかね。この曲の本当にリアルな感情を表現できたなって思います」

--抜粋するのは難しいですよね…すみません!

「そうですね。僕の役目は、いろんな感情を音楽に変換して届けることなんです。自分で書いた曲は、自分のものっていうよりは、聴いてくれた人のもので、聴いてくれた人に委ねようって思っています」

--曲を聴くと、女の子に溺れていく男の子という印象も受けますが、ルードくんが好きな子にしかしない接し方ってある?

「僕、博愛主義なんですよね。全員に同じ態度取っちゃうからな…(笑)。でも、想いを寄せてる相手にこそ、特別なことをしないかも。特別なことをしないことが特別の証ですね。甘いことを言ったりするより、言葉がなくてもわかり合えるパートナーシップみたいなのが理想ですね」

--歌詞の中に「騙されたっていいよ」っていうフレーズがあるけど、ルードくんは好きな子にだったら何されても許しちゃう?

「許しちゃうかもしれないけど、そのかわり相手からも許して欲しいですね(笑)。ゆるゆるの感じがいいな。『明日から1人でタイ行って来るわ!』って言っても『はーい、OK!』みたいな(笑)」

ルードくん流の曲作りは宇宙語で!?

--作詞・作曲はどういう環境でしているの?

「最初にメロディーから考えますね。英語でも日本語でもない“宇宙語”と呼ばれている自分独自の言葉で歌って、そこに日本語の歌詞をはめていきます」

--「It’s only love」もそうやってできたの?

「そうですね、曲からイメージ膨らませて、恋愛の曲かなって。それで、“It’s only love”が“偽りでも”に聞こえるって思ったところから、今年の夏に感じたことを書こうと」

--歌詞はどうやって浮かんでくるの?

「僕が歌うのは、『元気に頑張れば夢は叶う!』みたいなことよりかは、誰かの悲しみとか、人の弱い部分とか、電車の中でため息ついてる人とか。そういう感情を取り入れることが多いですね」

--東京に来てからのこの4年で、作品づくりに変化はあった?

「いろんなアーティストと一緒にライブしたり、仲良くなったりして、今までやってきたラップ以外の音楽に触れることが多くなったことで、狭かった許容範囲がすごく広がったのは感じますね」

--プライベートでも仲良くしているアーティストはいる?

「出身が同じ沖縄で歳も一緒のAnlyは仲良いですね。音楽の話はもちろん、ごはん行ったり、意味なく散歩したりしてます(笑)。あと、ずっと憧れだったORANGE RANGEのHIROKIさんにも仲良くしてもらってます」

--どんな話をするの?

「HIROKIさんは、いつもなんでもない話をしてるんですけど、この前、音楽やるうえで何が大切ですか?って聞いたら、『結局、優しい人しか残らないからね〜』って言われて。別れた後に,246を歩きながらORANGE RANGEの『walk on』を聴いてたら、いつもはせかせかして見えた渋谷の街がすごくキレイに見えました」

意外すぎる趣味とは?

--タイトルにちなんで、愛が深いな〜って思える趣味はある?

「朝早く起きて、公園とかに行くんです。それで、遊具に乗りながら木がさわさわしているところで、葉っぱの隙間からこぼれ落ちて来る光を見るのが好きです」

--意外な趣味!そういう時は何を考えてるの?

「いつか命ってなくなるんだな〜、まだ生きていたいな〜って。こういう風景をキレイって思えるのは生きてるからこそだなって」

--深い。

「それで、お母さんに電話して『愛してるよ!』とか言うと、『あんた、酔っぱらってるでしょ!』って言われます。シラフなのに…」

--お母さん、おもしろいですね。

「母はRude-αのときの僕が好きなんで、普通の感じで帰ると『あんたほんとにテレビ出てる人ね?』って言われます(笑)」

--Rude-αの状態で帰ってきて欲しいと(笑)。

2020年の目標とは?

--2020年に開催されるオリンピックでは、同世代の方の活躍も期待されているけど、ルードくんの1年後の目標は?

「1日でも早く武道館のステージに立つ人間になりたいです。そこに向かって突っ走っていけたらいいなって思います。来年の自分が今の自分を見て、あのときはまだまだだったな!って思えるくらい成長していたいですね」

--では最後に、109読者へ向けて「It’s only love」の聴きどころをお願いします!

「今回の新曲はトロピカルハウス…美味しそうですよね、南国の家って感じで…(笑)。ま、そういうトロピカルハウスに初めて挑戦していたり、切ない曲になっています。とにかく色んな人に聴いてもらいたいです。切ない想いを抱えている人のそばにいられる音楽であると思います」

取材中に声をかけてきたファンの方にも気さくに対応していたルードくん。アーティストとしてはもちろん、人間的な魅力に溢れる姿に感動しちゃいました。
今後ますます活躍が期待されるルードくんの今後から、ますます目が離せません♡

新曲「It's only love」

ルードくんの新曲はこの夏の終わりに聴きたい、ラブソング。惹かれあっているのに、運命によって結ばれない切ない男女のストーリーは必聴です。

「It's only love」
2019.09.23発売

<Photo:Toru Hasumi>