【詳細】他の写真はこちら



今回は漂白剤の種類やおすすめの製品、その使用方法をまとめました。

■漂白剤の種類は何がある?選び方の基準は?



漂白剤には塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の2種類があります。まずはそれぞれどのような場面で活躍するのかを解説します!

出典:@ ____fizz.03さん 

・塩素系漂白剤



塩素系漂白剤は作用が強力で黒カビなどの頑固な汚れに強いのが特徴です。塩素系漂白剤は強いアルカリ性で、タンパク質を溶かします。染料も脱色してしまうので色柄物の洗濯物には使用できません。主にお風呂場やキッチンなどのカビ取りで活躍します。酸性の洗剤と混ざると有毒なガスが発生するので他のものと混ぜて使用することは厳禁です。また使用する際はゴム手袋などで肌をガードしましょう。

・酸素系漂白剤(液体)



液体の酸素系漂白剤は弱酸性で、消毒液にも使用される過酸化水素からできています。色柄物の漂白にも使用できるのが特徴です。

・酸素系漂白剤(粉末)



粉末の酸素系漂白剤は弱アルカリ性で、過炭酸ナトリウムというものが主成分です。水に溶かすと活性酸素を出します。その酸化力でシミや汚れを分解します。最終的には炭酸ソーダ、酸素、水に分解されるので安心して使用できると人気があります。頑固な汚れの浸け置きにも向いていて、同じ酸素系漂白剤でも弱酸性である液体より汚れを落とす力が強いのが特徴です。人気の「オキシクリーン」は、この酸素系漂白剤にあたります。

■汚れを落とすのにおすすめの漂白剤“洗濯編”



日々の洗濯で洗剤だけではとれない衣類の汚れ、黄ばみや、洗濯槽の除菌におすすめの漂白剤を紹介します!

・洗濯物の黄ばみやシミにLIONのブライトSTRONG



出典:@ yagigigi1234 さん

こちらは液体の酸素系漂白剤です。肌と同じ弱酸性なので赤ちゃんの衣類にも安心して使用できます。衣類を痛めにくく、洗濯のたびに毎回使用しても、色柄物でも大丈夫です。 液体の酸素系漂白剤はいつもの洗濯用洗剤と組み合わせて洗濯機に入れて洗濯できます。



・洗濯槽のお手入れにアリエールの洗濯槽クリーナー



出典:@ yagigigi1234 さん

こちらは洗濯槽用の粉末の酸素系漂白剤です。塩素が洗濯槽に残らないので使用後すぐに洗濯機を回してもオーケーです。活性酸素の力で洗濯槽のカビや雑菌を除去します。※ドラム式洗濯槽には向かない製品なので注意!



・洗濯機のガンコな汚れ対策にSC Johnsonの洗濯槽カビキラー



出典:@ ____fizz.03さん 

こちらは塩素系漂白剤で洗濯槽のカビや雑菌を強い作用で除去します。洗濯槽のガンコな汚れや、雑菌によるにおいが気になる場合におすすめです。使用の際は肌に直接ふれないよう十分注意してください。

■汚れを落とすのにおすすめの漂白剤“キッチン編”



シンク掃除や食器の漂白におすすめの漂白剤を紹介します!

・食器の除菌やシンクにも使える花王のキッチン泡ハイター



出典:@ yagigigi1234 さん

キッチン用の塩素系漂白剤で食器の黄ばみやシンクのガンコな汚れ落としに使えます。使用方法はボトル記載の指示を確認し、使用後は水で30秒以上洗い流しましょう。ステンレス以外の金属には使用できません。直接さわらないよう注意して使用してくださいね。



・100円ショップでも購入できる!Seriaの台所用塩素系漂白剤キッチンブリーチ



出典:@ ____fizz.03さん 

100円ショップにもキッチン用の塩素系漂白剤が販売されています。汚れがきちんと落ち、使用感が良いという口コミも多数です。使用回数が多いものはお財布に優しい価格で発売されていると助かりますね。



出典:@ ____fizz.03さん 

@____fizz.03さんはキッチンのシンク掃除にこちらのスプレーを使用しているそうです。



・コップの茶シブや食器の黄ばみ黒ずみに!クエン酸と重曹もおすすめ



出典:@ yagigigi1234 さん

クエン酸は弱酸性で水垢汚れを落とすのに向いています。また重曹は研磨作用がありアルカリ性で油汚れを落とすのに向いています。用途に合わせてそれぞれ、水に溶かして食器を浸け置きしてスポンジでこすると汚れが落ちますよ。クエン酸も重曹もドラッグストアで購入できます。

■汚れを落とすのにおすすめの漂白剤“お風呂編”



お風呂は特に湿気が多くカビが気になりますね。そんなときに活躍するのが漂白剤です。

・塩素系のパワーでお風呂の黒カビにも使える!花王の強力カビハイター



出典:@ yagigigi1234 さん

お風呂に発生してしまったカビをしっかり除去してくれる塩素系漂白剤です。泡で出てくるスプレータイプなのでカビや汚れを狙ってピンポイントで使用しやすいですよ。使用の際はゴム手袋などで肌を守りましょう。また、他の洗剤と混ぜて使用してはいけません!浴室は十分に喚起して使用しましょうね。



・排水溝のガンコな汚れの救世主!花王の強力カビハイター排水口スッキリ



出典:@ yagigigi1234 さん

こちらは粉タイプの排水溝クリーナーです。塩素系の粉末を排水溝にまいて、水を注ぐと発泡して汚れをつつみ落とします。排水溝のガンコな汚れをブラシやスポンジでこするのは大変ですよね。こちらは30分放置して水で流すだけという簡単なステップで汚れが落ちるというのですからうれしいですね!



・洗面器やイスはグラフィコのオキシクリーンで浸け置き漂白



出典:@ ____fizz.03さん 

粉末の酸素系漂白剤であるオキシクリーンはその万能性で人気の製品ですよね。オキシ浸けはお風呂でもおすすめです!浴槽に水を張りオキシクリーンを溶かしてお風呂場のイスや洗面器を浸け置きすれば汚れもスッキリです。

■こんな汚れを落としたい!漂白剤を使った汚れの落とし方



ピンポイントで汚れを落としたい!そんなときにおすすめの漂白剤の使い方を紹介します。

・ワイシャツなどの服の黄ばみ汚れの落とし方



液体の酸素系漂白剤を直接衣類の黄ばみが気になる部分につけてから洗濯機で洗います。ひどい汚れの場合は洗剤と漂白剤を水に溶かして浸け置きをしてから洗うのがおすすめです。

・食器や調理器具の汚れの落とし方



出典:@ ____fizz.03さん 

浸け置き用のキッチンハイターを溶かした水に食器を浸け置きしてその後しっかりとすすぎます。ハイター浸け、という言葉はこのこと!食器類も浸け置きで汚れすっきり。除菌までできますよ。※目安時間は表示を守りましょう。

・カビや水垢を効果的に除去する方法



カビ部分にカビハイターをスプレーし成分が流れていかないようキッチンペーパーやラップををかぶせておくと、汚れに漂白剤をまんべんなく行き渡らせられるので効果的にカビを落とすことができますよ。

■漂白剤を活用して日々の家事の手間を省きましょう



洗濯や掃除で簡単に落ちない汚れに出会ってしまったとき、洗剤で時間をかけてこすって汚れを落とすより、漂白剤で一気に汚れを落とす方が断然楽です。漂白剤で浸け置きをしている間に他の家事もできちゃいます。漂白剤は、汚れを落とすと同時に除菌もしてくれる優れもの。上手に使用して家事をスピーディに終わらせましょう!最後に、漂白剤を扱う際はゴム手袋などで肌に直接成分がふれないよう気をつけて使用してくださいね♡