ニュージーランドの大学寮で学生が孤独死 死後2カ月近く経過

ざっくり言うと

  • ニュージーランドの大学の学生寮で、男子学生の遺体が発見された
  • 死後2カ月近く経過していて、悪臭への苦情があり発見に至ったという
  • この寮は「結び付きの強いコミュニティー」を売りにしていたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x