藤川京子

写真拡大

 ハンデ戦とは言え、1頭だけ斤量50kgの馬がいます。他は54kgから57.5kgの斤量を背負っています。流石にこれはハンデし過ぎのようにも見えますが唯一の3歳馬なので仕方ありませんが、このマッスルビーチは、末脚勝負の馬でキングズガード級の末脚を出せます。しかも、軽いので期待が持てそうです。人気になりそうなのはアングライフェンで、普段は56kgが多かったのですが、前走は58kgの斤量で流石に重かったのか4着でした。しかし、今回は57kgなので、前走よりは負担が軽くなります。しかし、もう1頭の人気馬になりそうなモズアトラクションは、逆に斤量が増えて57.5kgの1.5kgの斤量増です。3走前の斤量57kgの時は、その分なのか4着で馬券から外れてしまいました。アングライフェンとモズアトラクションは、後ろから差す競馬をするので、少しの重さが加速する時に影響が大きいのかもしれません。

 今回のメンバーを見ると、中段と言うより後方待機の馬が多い気がします。そして、前に行くのかヤマカツライデンとメイショウワザシ。ヤマカツライデンは最近は芝を走っていた馬ですが、初勝利はダートでした。その後はダートでは不調で芝に変えて実績を作って来た馬です。ここに来てもう一度ダートに来ましたが、長い距離を走って来た馬なので、体力はありそうです。斤量も54kgで軽めなので、時を経てハイブリッド馬に成長していたら、馬券圏内に残るかもしれないです。

 また、穴馬はロードゴラッソで、このメンバーの中では、中段に構える少ない1頭だと思います。2走前の大沼Sでは、モズアトラクションに先着しています。その時の斤量よりは1kg軽いです。鞍上は藤岡佑介騎手で、人気馬のモズアトラクションに騎乗する弟の藤岡康太騎手との一騎打ちもあるかもしれません。そして、斤量を考慮すると、モズアトラクションの加速が斤量によって、いつもよりワンテンポ遅れる筈なので、ロードゴラッソの方が先着するのではないかと考えました。ワイドBOX 6、4、7
ワイドBOX 10、3、8