モラハラ対策の極意 モラハラのパターン8つ

写真拡大

[記事提供:カウンセリングのハートコンシェルジュ(株)(https://www.heartc.com/)]

 モラルハラスメント(精神的暴力)の被害者は、多いですね。モラハラを受けると、深刻な精神的なダメージを受けることがあります。

モラハラを受けても折れない、あるいは、少なくともなんとか対応できるような対策はあります。
その第1歩が、モラハラのパターンを知っておくことです。

そこでモラハラのパターンをお伝えします。

・今すぐ読みたい→
あなたは大丈夫?パワハラ被害の会話パターン3つ(https://cocokara-next.com/stress/conversation-of-power-harassment-damage/)


1、エネルギッシュな被害者
自分をあるいは、関係者を、必要以上に「不利益をこうむった被害者」の立場に置いて、その立場をベースに、相手に罪悪感を投げ付けながら、自分の主張を通していこうとします。「なんでオレが、お前の尻拭いをしなきゃいけないんだ!」、「お前のおかげで、どれだけみんなが苦労していると思っているんだ!」などです。

2、0−100の価値観
彼らの他者に対する評価は、ゼロか100です。要求を容れてくれたらその人の評価は100点、拒絶されたら0点なわけです。同時に、彼らは、自分自身に対しても、ゼロか100の評価をしています。自分に対して40とか70といった評価ができないんです。ですから、彼らは、100点であることに固執し、自分が100でなくなりそうな危険を感じたら、他者を0点にすることで、見かけ上自分を100点に保とうとします。

モラハラは、いわゆるパワハラ、DV、虐待、いじめなど全ての精神的暴力を含みます。
暴力のパターンは、決まっているのです。そのパターンを知っていれば、対策もとりようがあります。孫子の兵法じゃありませんが、「敵を知る」のが第一です。

3、くるくる変わる主張
ハラサー(ハラスメントをする人)の主張は、しっかりとした自己感が希薄ですから、ときとして180°変わります。外から見ると一貫性がないのですが、彼らの中では、なんらかの自己中心的、あるいは、自己正当化的なもっともらしい理由が存在します。ハラサーたちは、実は、正面切って批判されることを恐れており、自分の立場が不利にならないように主張を平気で変えていきます。

4、合理化
合理化 (Rationalization)とは、自我防衛機制のひとつで、本当の動機が自覚されていない行動や感情や考え等に論理的、道徳的に受け入れられる様な説明をつける事です。
例えば、利己的な欲求を覆い隠し、「組織を守るために、当然のことをしたまでだ!」などと言ってしまうなどです。

5、否認
否認 (Denial)とは、自己像とずれる様な体験をした場合、意識されないような自我防衛機制です。例えば、自分の過去の発言とまったく異なる発言をすることなどで、本人も、本当に過去の発言を覚えていないことすらあります(無意識の中では覚えているのですが)。
ハラサーは、追いつめられると否認を恫喝的に使います。「君は、私が嘘を言っていると言うのか!」などですね。

6、投影同一視
投影同一視(Projective Identification)は、投影(Projection)とは異なり、自分の中の不快な部分を切り離し(分裂:splitting)、特定の対象に投影し、その切り離し投影した部分と対象を同一視し、批判したり攻撃したりする自我防衛機制です。
例えば、自分の能力に対する不安を切り離し、その不安を他者に投影し、「お前は、こういう高度な仕事をする能力が無いんだよ!」などと非難することです。言われた側からすれば、「それは、あなたのことでしょ?」と言いたくなってしまいます。

さて、いよいよモラハラのメインな戦術の登場です。

7、カテゴリーエラー
カテゴリーエラーとは、巧妙な話のすり替えです。
例えば、現実感覚を持った社員のAさんが、業績の悪化の原因を分析した結果と、その対応策を、ナルシシストのB上司に提案した場合で、その提案にB上司にとって不利なことが述べられている場合、B上司は、「みんな一生懸命やっているんだ。君は、みんなが怠けているとでも言うのかね?」とA社員をたしなめたりすることです。

確かに、B上司の言う「みんな一生懸命やっている」のは、正しいことでしょう。しかし、Aさんが主張しているのは、「一生懸命やっているのかいないのか」ではなく、業績をよくするための提案です。つまり、Aさんが、経営上のカテゴリーの話をしているにもかかわらず、B上司は、巧妙に精神論や協調性のカテゴリーの話にすり替えてしまっています。

こうしたすり替えには、【モラハラのパターン1】でお話した、合理化、否認、投影同一視などの自我防衛機制が働いています。

8、価値観の強要
ハラサー(モラハラをする人)は、自分の価値観を他者も持っているのが当然と考えます。彼らの中には、価値観の多様性などという概念はありません。そして、相手の立場に立って物事を見ることによって生じる共感という概念が希薄です。ですから、自分と価値観の違う人に対しては、徹底的に自分の価値観を強要しようとします。

そして、同じ価値観の強要は、「私の言っていること(価値観)を理解できないお前は、無能だ」などと強引に押し付ける場合や、「あなたも、私と同じように、もっと会社の環境が良くなればいいのにって感じているのよね」みたいな言い方で、巧妙に自論に巻き込んでいく場合があります。そして、自分の価値観についてこれない人たちに対し、例えば「私がこんなに努力しているのに・・」といった理論で、【モラハラのパターン1】でお話した「エネルギッシュな被害者」になり、罪悪感を投げかけることによって、相手をコントロールしようとします。

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

[記事提供:カウンセリングのハートコンシェルジュ(株)(https://www.heartc.com/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
あなたは大丈夫?パワハラ被害の会話パターン3つ(https://cocokara-next.com/stress/conversation-of-power-harassment-damage/)