MMD研究所は27日、「2019年9月格安SIMサービスの満足度調査」の結果を公表しました。格安SIM利用率上位9サービスの総合満足度は75.5%、総合満足度1位を獲得したのは「mineo」でした。

格安SIM上位9サービスの満足度は75.5%

本調査は、MMD研究所が実施した「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査」において、利用率が高かった格安SIMの上位8サービスと、Y!mobileの利用者15歳〜69歳の男女1,350人を対象に、2019年8月28日〜9月2日の期間で実施されています。
 
格安SIMサービス全体の総合満足度について「とても満足、やや満足、どちらでもない、やや不満、とても不満」の5段階で聞いたところ、「とても満足」と「やや満足」を合わせた回答は75.5%でした。
 
前回調査時の2019年3月からは1.2ポイントの低下となっています。
 

総合満足度1位はmineo

サービス別の総合満足度では「mineo」がトップで80.6%、次に「IIJmio」が79.4%、「OCN モバイル ONE」が78.0%でした。
 
mineoが項目別満足度で1位を獲得したのは「コストパフォーマンス」のみでしたが、10項目中8項目でTOP5にランクインしており、バランスの良さが伺えます。
 

格安SIMサービスを推奨する人は22.8%

格安SIMサービス利用者を対象に、利用しているサービスを家族や友人に勧められるかを10点満点で聞いたところ、9点・10点をつけた「推奨者」は22.8%、7点・8点をつけた「中立者」は51.5%、0点〜6点をつけた「批判者」は25.7%でした。推奨者から批判者を引いたNPSは−2.9となっています。
 
サービス別でNPSが最も高かったのはmineoで8.6、次いでLINEモバイルが8.0でした。
 

 
 
Source:MMD研究所
(kotobaya)