「ボストン・ダイナミクスの“ロボット犬”、ついに市場へ。だが、用途が決まるのはこれからだ(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ボストン郊外にある建設途中の建物の隅、まるで洞窟のような場所に立ち、1台のロボットがわたしの指示に従って動くのを眺めていた。そう、YouTubeでいちばん有名な、あの四脚ロボットだ。

左手の親指でコントローラーのジョイスティックを弾くと、ロボットが前後左右に動く。右手側のジョイスティックを左右に動かせば、モーター音とともにロボットが方向転換する。岩をよじ登ったり、傾斜を乗り越えたりするのもお手の物だ。たまに泥に足をとられることもあるが、めげずに前進していく。

ロボットを床から突き出たパイプの方向にうっかり向かわせて、つまづかせてしまったときは、一瞬アラームが鳴った。しかし、そんなときもこの四脚ロボット「Spot(スポット)」は、しっかり立ち上がって何事もなかったかのように歩みを進めた。

市場投入されるも、用途は未定

ボストン・ダイナミクスはここ数年、この「怖可愛い」四脚ロボットを紹介する動画をYouTubeに投稿してきた。そして9月24日、同社はついにSpot(旧名「SpotMini」)を市場に出すことを発表したのだ。

関連記事:ボストン・ダイナミクスの新しい四足歩行ロボットは、腕を伸ばして「ドアを開ける」能力を身につけた

Spotは前代未聞のロボットで、戸惑ってしまうほどの器用さを備えている。それゆえボストン・ダイナミクス自身も、このロボットを何に使うのが最適なのか、完全にはわかっていないようだ。

いまはっきりしているのは、仕事現場へのSpotの導入は労働において非常にユニークな出来事であり、人間とより高度なマシンがより密に協働する時代の始まりだということである。

「ロボットに何をさせるのがいいかは、これから顧客と一緒に考えていきます」と、ボストン・ダイナミクスの最高経営責任者(CEO)のマーク・レイバートは言う。「何でもできるとは考えにくいですが、何かについて非常に優れた能力を発揮する可能性はあります」

PHOTOGRAPH BY MATT SIMON

エンターテイナーか、調査員か、パトロール隊か

ここで残念なお知らせだ。ボストン・ダイナミクスはSpotを販売するのではなく、貸し出すらしい。また、貸出先も選定している。同社はいま、インフラの調査でSpotを活用するかもしれないエネルギー企業や、Spotのエンターテイナーとしての素質をみたいシルク・ド・ソレイユなどと話をしているという。

しかし、今回ボストン・ダイナミクスの施設を訪ねた際、同社は違う活用方法を強調していた。現場を繰り返し見回りするパトロールロボットとしての使い方だ。

例えば、現場監督が1週間に1回のペースで現場を訪れる、よくある工場現場を考えてみよう。監督は、支柱を設置すべきところにダクトが走っていないかなど、作業が計画通りに行なわれているか調査・記録する。しかし、もしSpotに360度カメラを搭載すれば、毎晩見回りさせて万事順調かを確認できる。最初に3Dマップを構築できれば、それ以降は周回の度に変化を察知できるからだ。

雨のなかだろうと、塵のなかだろうと問題ない。ひっくり返ったときも、足をばたつかせて自分で体勢を戻せる。肺がないので、アスベストで汚染された建物など、人間であれば高価な防護服が必要な危険な場所にも行けるだろう。

カスタマイズの強み

ボストン・ダイナミクスはSpotの価格を明かしていない。だが、「クルマと同じくらいです」と、同社の事業開発担当ヴァイスプレジデントのマイケル・ペリーは言う。「どの程度のクルマと同じくらいかは、Spotの貸し出し期間と台数によりますが」

クルマもそうだが、価格はどんなオプションをつけるかによっても違う。通常、Spotは5台のステレオカメラと一緒に届けられる。

フロントカメラは前方をスキャンして障害物を探し、それを避けるか乗り越えるかを決める役割を果たす。30cm以下の障害物は、乗り越える対象だ。それ以上大きい障害物は、たとえ操縦者がぶつけようとしても自動的に避けられる(なお、Spotのコントローラーには、ジョイスティックのほかにタッチスクリーンもついている。このスクリーンにフロントカメラからの映像が写しだされ、通過点を設定できるようになっている)。

この5台のカメラに加え、オプションとして背後にセンサーを付け加えることも可能だ。例えば、環境をさらに詳細にマッピングするために、レーザー光を用いたセンサーの「LiDAR(ライダー)」を追加するなどである。

Spotはある意味でモジュラー式とも言える。特定の仕事をするために必要なセンサーを付け加えられるからだ。それゆえ、顧客はボストン・ダイナミクスと密に連携する必要がある。「SpotをAmazon.comに出して『買ってくれ』と言うようなことはしません」と、ペリーは言う。

LiDARユニットをつければ追加でコンピューターの処理能力が必要になるし、追加ユニット分の重量も制御アルゴリズムに影響する。馬が人間を乗せたときに違う動き方をするのと同じように、Spotもまた評判の器用さを維持するために重量に適応する必要がある。

また、搭載するものが変わればバッテリーの持続期間も変わる。何も追加搭載していない状態での持続時間は90分ほどで、バッテリーは腹部から交換できる。

VIDEO BY MATT SIMON

期待と現実のギャップを埋めるために

ロボットと人間の協働にあたり、適応するのはロボットだけではない。人もまた、Spotに適応しなければならないのだ。

「Spotはかなり自動化されていますが、ただ現場に連れていって『全部スキャンしておいて』と言ってもだめなのです」とペリーは言う。Spotがその環境下できちんと移動できるよう、人間が周りにいなくてはならない。

例えば工事現場では、Spotがその空間のマップを構築できるよう、最初にコントローラを使ってSpotを移動させなければならない。「これは多くの人々の期待に反する点です。YouTubeの動画を観たあとでは特にですね」

VIDEO BY MATT SIMON

つまり、「Spotならこういうことができるだろう」という期待は、恐らく間違っているということだ。Spotがドアを開ける動画には、ロボットが幾度となく失敗する様子は映されていない。こうしたマシンが使えるものであるためには、人間の助けが必要不可欠なのだ。

Spotを貸し出すときも、ボストン・ダイナミクスは顧客と話し合い、現場はYouTubeの動画とは違うという点をはっきりさせなくてはならない。Spotのスキルは特殊であり、欠点については人間が助けてあげる必要があることも、説明しなくてはならないのだ。

あるいは、そもそもSpotがその顧客のニーズにぴったりのツールではない可能性もある。例えば、5つの計器を遠隔でモニターしたいだけなら、わざわざSpotのような高度なロボットを使う必要はない。マッピングするだけなら、ドローンにだってできる。階段がない環境であれば、Knightscopeのセキュリティーロボットでも問題ないだろう。「実際には必要ないロボットに顧客をミスリードするようなことはしたくないのです」と、ペリーはいう。

Spotは「ツール」だ

高度なロボットと人間の労働者の関係は始まったばかりであり、マシンが人間に適応するのと同じくらい人間もマシンに適応しなくてはならない。特に動物のような動きをするSpotは、そのスキルが限定的なものであるにもかかわらず、人間から主体性を求められがちなのだ。

「人は一緒に働くロボットに名前をつけたり、話しかけたりしがちです。たとえ、それがただの機械だとわかっていてもです」と、マサチューセッツ工科大学(MIT)のロボット研究者で、人間とロボットのインタラクションを研究するケイト・ダーリンは言う。「Spotは生物学に着想を得て設計されているため、人はこのロボットをペットのように扱うでしょう」

しかし、Spotはペットではない。ツールだ。そして、一緒に働く人間もSpotをツールとして扱わなくてはならない。

VIDEO BY MATT SIMON

互いに学び進化するロボット

面白いのは、人間とマシンが関係を深めていくにつれ、われわれはマシンを特定の分野に最適化させられる点だ。ちょうど、自然淘汰が種の形態を変えてきたように。

ボストン・ダイナミクスは、Spotの開発中に学んだことを別のロボットシステムに活用できるだろう。例えば、同社の「Atlas(アトラス)」は二足歩行ロボットだが、その制御メカニズムは2つの車輪で移動する同社のロボット「Handle(ハンドル)」の制御メカニズムの参考になるだろう。ボストン・ダイナミクスがSpotの開発を進めるにつれ、新しいタスクのための新しい形態もデザインできるはずだ。

「もし周りからの興味があるようなら、Spotより大きくて強いヴァリエーションを設計する可能性は大いにあります。屋外で使えるブルドーザーに近いものです」と、レイバートは言う。「エンジニアリングは必要ですが、Spotに備わっている知能と機能をそのまま転用できる部分も多いでしょう」

ボストン・ダイナミクスのロボット帝国へのヴィジョンはこうだ。過去約30年間と同様に徹底的な研究開発を行ない、そこでの発見を特定の分野に適応するさまざまなロボットに応用し、洗練させる。その対象は、倉庫で箱を運ぶHandleかもしれないし、いつかお年寄りをベッドに運ぶようになるAtlasかもしれない。

このパラダイムにおいて、ロボットが別個に進化することはない。ロボットたちが賢くなるにつれ、物の扱い方などを自ら学び、それを互いにシェアできるようになるだろう。

だがいまのところ、Spotは人間の監督の下で、勇敢に世界へと一歩を踏み出し、工事現場のパトロールやシルク・ドゥ・ソレイユのスターたちとの共演をこなすのだ。ボン・ヴォヤージュ、小さいロボットくん。